« V12エンジンのような気持ち良いハシズム加速! | トップページ | コレで公務員改革??? »

2012年2月16日 (木)

オワタ ニッポン

既得権益確保だけで国家を運営してるから、いつの間にか日本は終わってましたwwww

これが実態(捨てられる日本)

日本衰退が震災で起こったのではなく、震災で決定的になったという記事が読売新聞に掲載されています。

《外資系企業から見た日本・中国に対する投資魅力:経済産業省調査》
*2009年度

地域統括拠点
日本10%(2007年度23%)
中国42%(2007年度18%)

製造拠点
日本1%(2007年度3%)
中国64%(2007年度62%)

研究、開発拠点
日本21%(2007年度30%)
中国33%(2007年度25%)

事務管理拠点
日本8%(2007年度15%)
中国39%(2007年度24%)

物流拠点
日本3%(2007年度11%)
中国63%(2007年度41%)


これだけでもいかに外資系企業が日本を捨てていたかよくわかります。


またこの記事の中で以下のような記載があります。


都市戦略担当となった一昨年秋、瀬口氏は東京証券取引所のデータを見て驚いた。

上場外国企業数はピークだった1991年の127社から12社に減っていた。


日本は日本人が過去の遺産を食いつぶしている間に外国企業は日本から去り中国、韓国に移転し、そして今やアメリカに戻りつつあるのです。


今や中国も危険な状態になりつつある今、危機感のない日本企業、日本人に未来はありません。
(Nevada)
ニッポンが終われば既得権益確保組も一切がパーになりますわな。
いっそそれも良かれと思ふ。
766

« V12エンジンのような気持ち良いハシズム加速! | トップページ | コレで公務員改革??? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/53997206

この記事へのトラックバック一覧です: オワタ ニッポン:

« V12エンジンのような気持ち良いハシズム加速! | トップページ | コレで公務員改革??? »