« 今の若者は幸せか? | トップページ | みえないばくだん »

2012年2月28日 (火)

やはり菅がアカンかったのか

菅首相が介入、原発事故の混乱拡大…民間事故調

東京電力福島第一原発事故に関する独立検証委員会(民間事故調、委員長=北沢宏一・前科学技術振興機構理事長)は27日、菅前首相ら政府首脳による現場への介入が、無用の混乱と危険の拡大を招いた可能性があるとする報告書を公表した。

 報告書によると、同原発が津波で電源を喪失したとの連絡を受けた官邸は昨年3月11日夜、まず電源車四十数台を手配したが、菅前首相は到着状況などを自ら管理し、秘書官が「警察にやらせますから」と述べても、取り合わなかった。

 バッテリーが必要と判明した際も、自ら携帯電話で担当者に連絡し、「必要なバッテリーの大きさは? 縦横何メートル?」と問うた。その場に同席した1人はヒアリングで「首相がそんな細かいことを聞くのは、国としてどうなのかとゾッとした」と証言したという。

 翌12日朝、菅氏は周囲の反対に耳を貸さず、同原発の視察を強行。この際、同原発の吉田昌郎前所長(57)が東電本店とのテレビ会議で、「私が総理の対応をしてどうなるんですか」と難色を示す場面を目撃した原子力安全・保安院職員もいたという。

 報告書は、官邸の対応を「専門知識・経験を欠いた少数の政治家が中心となり、場当たり的な対応を続けた」と総括し、特に菅氏の行動について、「政府トップが現場対応に介入することに伴うリスクについては、重い教訓として共有されるべきだ」と結論付けた。

(読売新聞)

「首相のベント指示、米では考えられない」

 国会の「東京電力福島原子力発電所事故調査委員会」(委員長=黒川清・元日本学術会議会長)は27日、国会内で第5回委員会を開き、リチャード・メザーブ元米原子力規制委員会(NRC)委員長から参考人聴取した。

 メザーブ氏は、東電福島第一原発事故で菅首相(当時)が放射性物質を含む蒸気を外部に放出する「ベント」の実施などを指示したことに言及し、「米国では考えられない。そんな決定を大統領がすることはない」と述べた。また、米国での原発事故発生時の対応について「規制当局(NRC)と事業者が緊密に連携する。基本的に責任を取るのは事業者というのが徹底されている」と指摘。米国では原発事故対応で政治家が関与するケースは限定的との見解を示した。

(読売新聞)

97655 やはり菅の存在がアカンかったのね。

総理大臣になって浮かれていたんでしょうな。

『自分がこの国のトップだぞ!オレが決定する。これぞ官主導でなくて菅主導だぁ~』

それくらいの考えしかなかったのでしょうな。

まぁ~官(原子力破壊・不安院)や東電も使い物にならない集団だった訳ですから、結局は同じ道をたどったんでしょうけど・・・・・。

官(原子力破壊・不安院)におかれましては、事故当時、現場から逃げちまったんですから始末におえないですわ。

日本国において原子力発電を行うのには、1000年早かったと言うのが結論なのでしょうな。

« 今の若者は幸せか? | トップページ | みえないばくだん »

原子力事故関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/54096036

この記事へのトラックバック一覧です: やはり菅がアカンかったのか:

« 今の若者は幸せか? | トップページ | みえないばくだん »