« 週末は注意 | トップページ | 激変中国 墓石編 »

2012年3月 3日 (土)

ギリシャ国債がとうとうデフォルト扱いに

ギリシャ「デフォルト」に=最低格付け―米ムーディーズ

【ニューヨーク時事】

米格付け大手ムーディーズ・インベスターズ・サービスは2日、ギリシャ国債の格付けを「Ca」から最低の「C」に引き下げたと発表した。

同社によれば、Cは通常、デフォルト(債務不履行)に陥っており、元利回収の見込みが極めて薄い債務に対する格付け。

ムーディーズは、ギリシャ支援策に盛り込まれた国債の元本削減策で、投資家が多大な損失を被る見込みになったことが理由としている。

同国をめぐっては、米格付け大手スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が先月末、部分的なデフォルトを意味する「SD(選択的デフォルト)」に格下げしている。 

とうとうギリシャ国債もデフォルト扱いですか・・・。

いつかはこうなるとは思っていましたが、来週の欧州を中心とした金融関係が、どのような動きになっていくのか目が離せなくなりました。

まず日本の市場が開きますから、日本の株式にも注目です。

金融崩壊が動き出したら一気に進みそうで嫌な感じですね。

激動の3月になるのか注目です。

« 週末は注意 | トップページ | 激変中国 墓石編 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/54129662

この記事へのトラックバック一覧です: ギリシャ国債がとうとうデフォルト扱いに:

« 週末は注意 | トップページ | 激変中国 墓石編 »