« また来た! 千葉県東方沖 | トップページ | ほんまかいな・・東日本の牛乳、安全を確認 »

2012年3月 1日 (木)

被曝→がんリスク42%増加

被爆でがんリスク42%増加 放影研、50年余の追跡調査

 広島、長崎の被爆者のうち、30歳で1シーベルト被爆した人が70歳になった時に固形がんで死亡するリスクは、被爆していない人に比べて42%増加することが、日米共同の研究機関「放射線影響研究所」(放影研、広島市・長崎市)の研究で分かった。1日付の米放射線影響学会の学術誌に発表した。

 放影研によると、1950年から2003年まで被爆者約12万人を追跡した調査に基づく研究で、個人線量が推定できる約8万7千人を解析の対象とした。約5万1千人が死亡し、このうち約1万1千人が、肺がんや胃がんなどのさまざまな固形がんで亡くなった。

(東京新聞)

今の御時世、ネット等で検索をかければ、被曝がヒトに及ぼす影響なんてものは、山のように文献が出てきます。

そういった事を知ってか知らずか、相変わらず国家・自治体は直ちに影響を及ぼすものですないの繰り返し。

確かにそういったインフォメーションしている世代は、被曝の結果が出てくる頃には戒名になっているのでしょうよ。

123 それじゃぁあんまり無責任とちゃいますか?

自分の孫子の世代に、想像を絶する試練を与えといて自分の代は『桶~ノープロブレム』じゃぁね。

戦後の国家運営は『無責任』。

『無責任』が延々と続いた結果が今になって噴出し始まっている感じがします。

福島原発の事故から1年になろうとしています。

あの時から何も変わっていない。

この先も何も変わらない。

延々と放射性物質が垂れ流しされるのを見ている事しか出来ないワレワレ一般庶民。

最低の国家に生まれてきてしまったと思うしかないのか・・・・・。

コレも運命なのか・・・・・。

« また来た! 千葉県東方沖 | トップページ | ほんまかいな・・東日本の牛乳、安全を確認 »

原子力事故関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/54114565

この記事へのトラックバック一覧です: 被曝→がんリスク42%増加:

« また来た! 千葉県東方沖 | トップページ | ほんまかいな・・東日本の牛乳、安全を確認 »