« ほんまかいな・・東日本の牛乳、安全を確認 | トップページ | 週末は注意 »

2012年3月 2日 (金)

大阪市民も大変やね

職員採用口利きにからみ、全市議を調査へ

 大阪市職員の政治活動や組合活動の実態に関する第三者調査チームを率いる市特別顧問の野村修也弁護士は1日、現業職員の採用に関して市議や組合幹部らの口利きがあった可能性が浮上したため、全市議を対象に実態調査の実施を表明した。市議からは反発の声も上がっている。

 橋下市長に1日提出された調査の中間報告書ではこのほか、市側から組合に対し、取り決めにない備品などの「ヤミ便宜供与」があった▽市バス営業所などで業務に関係ないトレーニングマシンを設置していた▽バス乗務員の組合員が、乗務しない日を多く作り、非乗務の勤務時間内に組合活動や選挙活動をしていた-ことなども指摘している。

 一方、大阪府労働委員会の中止勧告を受けた職員アンケートについて野村氏は「3月末までに府労委の結論が出なければ破棄する」と明言した。府労委は最終判断に約1年半を要するとしており、事実上、破棄されることが決まった。

 橋下市長は、アンケートについて「府労委から待ったがかかった以上は強行して進めない」とし、破棄について「野村氏にお任せする。全て野村氏の判断で進めていきたい」と話した。

 アンケートは、市教委と消防局を除く全職員が対象で、組合に加入しているかや、特定政治家を応援する活動に参加したかなど22問あり、正確に回答されなければ処分対象にするとしていた。組合側は不当労働行為に当たるとして府労委に救済を申し立て、府労委は22日、「組合への支配介入に該当する恐れのある項目が含まれていると言わざるを得ない」とし、市に中止するよう勧告した。

(産経ニュース)

55 大阪市民の皆さんも議会・市職員・教職員・・・・・などに絡んだドロドロしたダークな部分が毎日のようにあぶりだされてきて、さぞお嘆きの事でございましょう。

賛否はあれ、橋下サンの行動力がなかったら、今まで通りのやりたい放題の市政運営だったでしょう。

財政破綻に向かってまっしぐらだったはず。

財政・市政運営を正常な方向に持っていくには多少の荒療治が必要なのでしょうから、市民の皆さんも少々の不便は覚悟しなければなりませんね。

大都市大阪が生まれ変わって、日本全国自治体の模範となるような財政・市政運営の健全化になる事を願ってやみませんね。

そして、腐りきった日本を立て直して欲しいと願いますよ。

« ほんまかいな・・東日本の牛乳、安全を確認 | トップページ | 週末は注意 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/54120274

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪市民も大変やね:

« ほんまかいな・・東日本の牛乳、安全を確認 | トップページ | 週末は注意 »