« 激変中国 墓石編 | トップページ | 橋下待望論高まる? »

2012年3月 5日 (月)

あまりに懲戒処分が多すぎる・・・大阪市

橋下氏、市役所内“お目付け役”チーム設置を指示

 大阪市の橋下徹市長が、不祥事が後を絶たない市職員の服務規律の厳格化に向け、特命チームの設置を担当部局に指示したことが4日、分かった。橋下市長は「あまりにも懲戒処分案件が多すぎる。組合適正化と同様、相当力を入れてやっていく」として、開会中の定例市議会に提出する職員基本条例案にも新たに厳格化のルールを盛り込むよう求めている。

 橋下市長は「(服務規律の緩さは)小さいことを放置し、積み重なることに起因している」と指摘。職場内禁煙やマイカー通勤禁止の徹底なども求め、現業職員を対象にした研修も提案している。特命チームは、規律順守を徹底させる“お目付け役”の役割を果たすことが想定される。

 市長は、職員基本条例案の中で、職員への調査や指導、研修などについてルール化することも求めた。

 大阪市では今年に入っても、水道局職員が2月に大阪府立高校教諭の自宅で覚醒剤を使用したとして逮捕されたほか、市バス運転手が1月に酒気帯び運転で摘発され、懲戒免職処分となるなど、不祥事が相次いでいる。

 また、橋下市長は、市立児童福祉施設の男性職員が入所児童に入れ墨を見せたり恫喝(どうかつ)したりした問題にからみ、「入れ墨をした職員がかなりの数でいるのではないかという疑いがあり、組織として把握する必要がある」として、調査の検討を指示している。

(産経ニュース)

細かい事まで言われなくては出来ない大阪市職員関係の方々。

しまいには『ハンカチ持ったか?』

       『風呂は行ったか?』

       『勉強やったか?』

       『また来週~』ってな感じになってしまうんではないかい?

278 市民の皆さんも、さぞお嘆きの事でございましょう。

ワタシの地元にも使えない市職員はいますが、ここまで酷くはないな。

お見舞い申し上げ早漏・・・・・

*大阪市職員の中で、普通の職員サンが大多数である事は書き加えておきます。

« 激変中国 墓石編 | トップページ | 橋下待望論高まる? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/54145337

この記事へのトラックバック一覧です: あまりに懲戒処分が多すぎる・・・大阪市:

« 激変中国 墓石編 | トップページ | 橋下待望論高まる? »