« 古館イチローよく言った | トップページ | 兜の緒を締めよ(維新府議問題) »

2012年3月12日 (月)

がれき処理問題は複雑デス

市にがれき受け入れ要請 北九州市議会が決議

 北九州市議会は12日、東日本大震災で発生したがれきの受け入れを市に要請する決議を全会一致で可決した。九州の自治体でがれきの受け入れを決めたケースはなく、北橋健治市長の判断が注目される。

 北橋市長は可決後、報道陣に対し「すべての議員が賛成したことを真摯に受け止めたい。国の説明会に職員を派遣するなどして情報収集を急ぎ、受け入れの可否を考えたい」と慎重に検討する考えを示した。

 決議案は自民、民主・社民系など4会派が共同で佐々木健五議長に提出。決議文はがれき受け入れについて「がれき処理なくして被災地の真の復興はあり得ない」と強調。

(東京新聞)

「がれき処理なくして被災地の真の復興はあり得ない」、まさにその通りだと思いますね。

ただのがれき処理ならば、どの自治体であっても受け入れを表明するのでしょうが、今回は放射性物質の汚染問題がかかわってきます。

がれきが放射性物質に汚染されているのではないか・・・

原発事故がなかったら、こんな事にはならなかったのでしょうね。

しかし!

ワタシはがれき処理に、もうひとつ大きな問題点があると思うのですよね。

それはアスベスト問題。

この問題は話題にのぼらないですよね。

古い建物には何かしらアスベストを使った製品が使われているはず。

がれきを処理するにあたって、アスベストは大丈夫なんですかね。

66 わざわざ問題提起するわけじゃないのですが、以前にマスコミが散々騒いだ記憶があるのですが、今回はどうなんでしょうね。

考えれば考える程、このがれき処理の問題は大変そうな感じがします。

« 古館イチローよく言った | トップページ | 兜の緒を締めよ(維新府議問題) »

独り言」カテゴリの記事

コメント

瓦礫処理は80%が現地処理の予定なのです。まずは、現地処理を効率化させるべきであり、20%の地方への拡散ばかりが話題になるのは本当におかしな状況です。現実は、法の規制だらけで市や県もがんじがらめになっている状況が、瓦礫の処理を遅らせているのに、「地方が受け入れないから」と話を摩り替えてるとしか思えません。
http://www.cyzo.com/2011/08/post_8323.html

現行法の壁は大きそうですね。

そういった中にも、複雑な利権が絡みあっていそうですね。

瓦礫は地元で全て処理すべきです。雇用や地元経済に貢献できるし、放射性物質や有害科学物質、アスベストなどを拡散させない為にもです。また、汚染された瓦礫が高温焼却された場合、放射性物質がガス化して大気中に放出されてしまいます。瓦礫を広域処理しようとする理由は「産廃利権」の何者でもありません。国家国民の危機までも食い物にする現政権や官僚、業界団体などは国賊以外の何者でもありません。私は日本が恐ろしい国になってしまったことに悲しみでいっぱいです。

>どくまんじゅう さま

先日、東北方面に出かけましたが、地元において瓦礫処理施設を作ろうと思えば、いくらでも作れそうな感じがしました。

利権第一の現在のお偉いサン方にとっては、膨大な瓦礫は宝の山(オイシイ利権の塊)に見えるのでしょうなぁ。

また気になった事があったら、お声をかけてくださいまし~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/54204232

この記事へのトラックバック一覧です: がれき処理問題は複雑デス:

« 古館イチローよく言った | トップページ | 兜の緒を締めよ(維新府議問題) »