« 中国の盛夏はとうに終わり、初冬を迎える | トップページ | ロートル官僚天国ニッポン »

2012年4月 3日 (火)

あの時以来、国家は我々を見放した

千葉で「ヨウ素10兆ベクレル」未公表=昨年3月、世界版SPEEDI試算

 東京電力福島第1原発事故で、昨年3月15日、放射性物質の拡散予測データ「世界版SPEEDI」の試算結果で、千葉市内でヨウ素の濃度が毎時10兆ベクレルという高い値が出ていたにもかかわらず、文部科学省と原子力安全委員会の間で十分な連携が取られず、現在も公表されていないことが3日、分かった。

 文科省や安全委によると、世界版SPEEDIは放出される放射性物質の拡散状況を半地球規模で予測するシステム。

日本原子力研究開発機構が同システムを運用しており、昨年3月も文科省の依頼を受け、試算を行っていた。

 それによると、福島第1原発から昨年3月14日午後9時ごろに放出された放射性物質が拡散した結果、千葉市内で同15日午前6~7時、ヨウ素の濃度は毎時10兆ベクレル、セシウム134、137もそれぞれ同1兆ベクレルと推計された。

 この試算データの評価について、文科省は安全委の担当と判断し、同16日に安全委へデータを送るよう同機構に指示した。

同機構はメールに添付して送信したが、安全委は重要情報と認識せず、放置したという。

同様にデータを受け取っていた文科省も、安全委に公表するよう連絡しなかった。

(時事通信)

453 10兆ベクレルってアンタ、どない量だと思ってんのよ!

セシウムも1兆ベクレルってねぇ。

あの時点で国家は我々を見放したんやね。

だから今の時期でも政局ばっかり。

震災も原発事故も過去に済んだが如きふるまい。

今の日本に住み続けたら死ぬ運命なんでしょうな。

それが平気のニッポン国家。

« 中国の盛夏はとうに終わり、初冬を迎える | トップページ | ロートル官僚天国ニッポン »

原子力事故関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/54379562

この記事へのトラックバック一覧です: あの時以来、国家は我々を見放した:

« 中国の盛夏はとうに終わり、初冬を迎える | トップページ | ロートル官僚天国ニッポン »