« 千葉県東方沖が揺れている | トップページ | 中国で見かけた風景 »

2012年4月25日 (水)

本場中国で刀削麺を喰らう

2012042214590001 最近、訪中でのマイブームは現地の一般庶民が普段食べてる店で食事をする事デス。

今回選んだのが刀削麺。

間口2.5mくらいの小さなお店です。

中国には、このくらいのお店が山のようにあって、現地人の胃袋を満たしているわけです。

ちなみに奥行きは5メートルくらいで、写真のように入り口で調理が見えるようにしてる店も多いです。

2012042214330000 お店では若い夫婦が始めてお店を持ったようで、一生懸命に麺をこねておりました。

旦那さんが麺打ちと茹で担当。

奥さんがスープと仕上げ担当。

なかなか良い感じです。

2012042214340001 ひとしきり麺をこねた後、麺の塊を抱えるようにして独特な形をした刃物で、麺をそぎ落とすような感じでグラグラに茹だった大鍋の中に麺を飛ばしていきます。

これぞ刀削麺の醍醐味!

器用にドンドン大鍋の中に麺を飛ばしております。

2012042214340002その間に奥さんは人数分の小鍋を用意して、スープを調理します。

火が通ってくると、そこはかとなく香る独特な香り。

中国に行くと必ず感じる香りでもありますな。

二人の息もピッタリで調理は進んでいきます。

2012042214400001  数種類の具材をトッピングして刀削麺は完成です。

スープを一口すすると、カレーと同じ香辛料を一部使っているのか、口の中のどこかしらでカレー風味をほんの少し感じます。

ちょうど良い塩加減で熱々を一気にいただきました

麺の量も結構多くて、充分に堪能する事が出来ました。

2012042214590000 この刀削麺。

7元(約90円)でございます。

数年前だったら5元(65円)くらいのもの。

こういったところにも物価高騰のあおりが来ているようです。

中国本場の刀削麺、おいしゅうございました。

« 千葉県東方沖が揺れている | トップページ | 中国で見かけた風景 »

中国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/54557249

この記事へのトラックバック一覧です: 本場中国で刀削麺を喰らう:

« 千葉県東方沖が揺れている | トップページ | 中国で見かけた風景 »