« 金環日食よ、どこからでもかかってきなさい! | トップページ | 週明けの金融は大荒れか? »

2012年5月19日 (土)

祈りなさい 御太陽が御隠れになり申す

東海・東南海・南海連動地震を予感させる硫黄島近海の“異変”

 「超巨大地震は、例外なく火山噴火を誘発している」
 東京大学・藤井敏嗣名誉教授のこの不気味な学説が、現実味を帯びている。

 4月29日、小笠原諸島の南にある硫黄島の沖合で海水が変色しているのが確認され、気象庁によって「海底火山が噴火したのではないか」と伝えられた。
 「硫黄島は小笠原諸島の父島の南230キロあまりにあって、6年前から島全体の地殻変動が観測され、3月には島の西部にある火口でごく小規模な水蒸気爆発が発生している。また4月に入って小規模な地震活動が確認されており、29日夜明け前に一時、火山性の微動も観測されている。硫黄島には一般住民は住んでおらず、海自、空自の基地があるだけですが、用心するに越したことはありません。ただし日本列島にある活火山との関係は不明です」(気象庁関係者)

 2004年のスマトラ島大地震から3カ月半後には同島のタラン火山などが噴火。日本ではおよそ300年前に、西日本と東日本で大きな被害が出た「宝永地震」の約1カ月後に、富士山で大規模な噴火が起きている。

 硫黄島異変の20日前に、実はもう一つの異変が起きていた。三重県伊勢市にある観光スポット夫婦岩の完全露出だ。ここは普段、引き潮のときでも海水に浸っているにもかかわらず、突如、根元まで丸見えになり、地元住民が「天変地異の予兆じゃなければいいが…」と心配顔になっているのだ。両者に共通項はあるのだろうか。
 「夫婦岩が露出した同日には、インドネシア西部でマグニチュード8.6の大地震が発生している。伊勢湾は、東海・東南海・南海の連動型地震の発生が懸念される南海トラフとも近い。夫婦岩の隆起は、地震発生前に海底に無数の亀裂が入り、真空部分が生じ、そこに海水が引き込まれるという現象の可能性もある」(同)

 夫婦岩は伊勢湾の沖合700メートルの海中にある「興玉神石」という「ご神体」を護る鳥居だ。完全露出は、巨大地震を想定した神からのお告げかもしれない。

(週刊実話)

世界中で地震と噴火が相次ぐ!金環日食まであと2日!大地震の引き金になる可能性大!

http://ameblo.jp/kennkou1/entry-11254519928.html

(正しい情報を探すブログ)

世界各地で激しい地殻変動の報告が相次いでいる中、金環日食が21日朝に日本を襲います。(襲いますって大げさダネ。)

過去の金環日食においても、前後して大地震や大災害等の天変地異が実際に報告されています。

昨年、大震災を襲った日本に金環日食がやってくるのデス。

大震災後、日本各地で広観異常の報告も上がってきております。

大震災後、東北の日本海側でも地殻変動が起こっているとの報告も上がってきております。

今回の金環日食で、世界中で一番不安定な場所はニッポンです。

昨日も茨城県南を震源に最大震度4の地震が発生しています。

567 皆の衆。

祈りなさい。

御太陽の機嫌が損なわれないように・・・・・。

アーメンラーメンチャーシューメン。

何が起こってもおかしくない5月21日。

仏滅でございます。

« 金環日食よ、どこからでもかかってきなさい! | トップページ | 週明けの金融は大荒れか? »

地震予知関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/54746431

この記事へのトラックバック一覧です: 祈りなさい 御太陽が御隠れになり申す:

« 金環日食よ、どこからでもかかってきなさい! | トップページ | 週明けの金融は大荒れか? »