« 祈りなさい 御太陽が御隠れになり申す | トップページ | 何かきてる! »

2012年5月20日 (日)

週明けの金融は大荒れか?

ギリシャのユーロ離脱に備え、英紙幣印刷会社が旧通貨印刷を準備

[ロンドン 18日 ロイター]

ギリシャがユーロ圏を離脱した場合に備え、世界最大の紙幣印刷会社、英デ・ラ・ルー<DLAR.L>は、同国がユーロ導入前に使っていた「ドラクマ」紙幣の印刷に向け緊急計画を策定するなど準備を整えている。関係筋が18日、ロイターに対し明らかにした。

ギリシャのユーロ圏からの離脱が決まった場合、ギリシャ国内の紙幣印刷会社が一斉にドラクマ紙幣の印刷に取り掛かるとみられるが、デ・ラ・ルーのような海外の紙幣印刷会社にも受注が回ってくる可能性がある。

デ・ラ・ルーはギリシャのユーロ導入前にドラクマ紙幣を印刷した実績があり、現在は150カ国を超える国の紙幣を印刷している。同社の株価は、過去1カ月で約11%上昇した。

この日は、ベルギーのオランダ語紙「デ・スタンダード」が、欧州委員会のデフフト委員(通商担当)がインタビューで、欧州委とECBがギリシャがユーロ圏を離脱した場合の緊急シナリオについて作業していると述べたと報じている。

ロンドン株式市場で株価が全般的に下落するなか、デ・ラ・ルーは前日終値比0.5%高で推移している。

ギリシャ国民が資産防衛の為に銀行預金をおろしてユーロ紙幣に変える動きがどんどん加速しているようです。

G8などではギリシャがユーロ圏に残るようにとの声明を出していますが、当のギリシャ国民は国家破綻に備え始まっています。

経済破綻の可能性を秘めたほかの国々でも国民の資産防衛の動きが出てきているようでもあり、週明けの金融動向には注目です。

123 遠いユーロ圏の話だとタカをくくっていると、突然にニッポンに飛び火なんて事もありますから(グローバル経済の時代でございます)、せめてニュースや新聞などで動向を見ておくくらいはしておいてもいいかもしれませんね。

週明けは天変地異&経済動向、この二つがキーワードとなりそうです。

« 祈りなさい 御太陽が御隠れになり申す | トップページ | 何かきてる! »

金融危機」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/54755284

この記事へのトラックバック一覧です: 週明けの金融は大荒れか?:

« 祈りなさい 御太陽が御隠れになり申す | トップページ | 何かきてる! »