« 江戸前寿司がぁ~ | トップページ | 中国の本性が現れ始めた »

2012年5月10日 (木)

インカの呪いなのか!?

ペルー海岸の大量死、鳥類5000羽・イルカ900匹に

【5月10日 AFP=時事】

ペルー北部の海岸で鳥やイルカが大量死している問題で、ペルー政府は9日、これまでに見つかった死骸の数はペリカンなど鳥類が約5000羽、イルカは約900匹に上ったと発表した。海温上昇が原因の可能性があるという。

 死骸が見つかっている海岸は今週初めから閉鎖され、専門チームが原因究明にあたっている。

 NGO団体らは海底油田の掘削が大量死の原因だと主張しているが、環境省のガブリエル・キハンドリア(Gabriel Quijandria)次官はこの見方を否定。海水温度が上昇し餌の捕獲が困難になった可能性を指摘した。

 同次官によると、死んだイルカ877匹についての調査はまだ途中だが、重金属汚染やバクテリアによる感染症が原因ではないという。一方で、大量死現象が他の沿岸部にも拡大し、さらに多くの鳥類や海洋生物が死亡する恐れは否定できないという。

 事態を受けペルー保健省は前週末、国民に向け、大量死の原因が判明するまで首都リマ(Lima)および北部の海岸地域に近づかないよう警告を出した。

 民間の環境保護団体ORCAは、北部海岸沖で行われている油田掘削の騒音がイルカの聴覚機能に悪影響を与えているとして非難している。ORCAは9日、イルカ30匹の死骸を調べた結果、耳や内臓に減圧症(潜水病)で見られるものと同じ損傷が確認されたと発表した。

 ただ、気象専門家のアブラハム・レビー(Abraham Levy)氏は8日、エルニーニョ現象に伴う太平洋の海温上昇がイルカ大量死の原因ではないかとAFPの取材に語っている。(c)AFP=時事/AFPBB News

これはインカの呪いじゃぁ~

冗談はさておき、生き物の死の数があまりにも多すぎますねぇ。

決定的な原因がわからないようなので、不安でございますねぇ。

世界レベルで地球上の異変が多数報告されている今、どこで何が起きてもおかしくない感じです。

太陽活動の異変もある事ですし、そしてスーパームーン。

21日には金環日食もあります。

5909 太陽系全体に大きなイベント状態です。

太陽系とは大きく出たねぇ~(猛爆!!)

マクロ的に見れば地球なんて目糞鼻糞(表現が下品でスミマセン)。

そんな小さな地球上に暮らしているワタシ達なのですよ。

小さな地球に何が起こっても不思議じゃありませんな。

« 江戸前寿司がぁ~ | トップページ | 中国の本性が現れ始めた »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/54677911

この記事へのトラックバック一覧です: インカの呪いなのか!?:

» ペルー海岸のイルカ大量死、政府「自然要因で発生」 [2ちゃんねる国際ニュースまとめ]
[リマ 23日 ロイター] ペルー政府は23日、北部の海岸で少なくとも877頭のイルカが死んでいるのが発見されたことについて、イルカの死因は人間の活動によるものではないと発表した。国が運営するペ...... [続きを読む]

« 江戸前寿司がぁ~ | トップページ | 中国の本性が現れ始めた »