« 価格競争は業界を衰退させるだけ | トップページ | 巨大な水平虹が出たぁ! »

2012年5月26日 (土)

中国が大国と呼ばれるには まだまだ早い

大手醤油メーカーが原材料に発がん性のある「工業用塩」を使用―広東省仏山市

2012年5月24日、中国広東省仏山市の大手醤油メーカーが原材料に発がん性のある工業用塩を使用していたとして摘発されていたことが分かった。福建省のニュースサイト・東南網が伝えた。

今年3月31日に受けた市民からの通報がきっかけだった。同市高明区楊和鎮にある大手醤油メーカーに深夜、こっそりと工業用塩を溶かした液体40tが運び込まれたというもの。この液体が醤油の原材料に使われているのではないかとの疑いが持たれた。

当局が早速、調査に乗り出したところ、このメーカーがすでにこうした工業用塩水を760t以上も仕入れていたことが判明した。捜査官が現場に急行し、工場の倉庫にあった出荷前の商品1000箱余りを没収、地下と屋外の貯水池からもサンプルを採取した。

仏山市高明区政府によると、原材料に工業用塩が使われた可能性のある商品65箱がすでに市場に出回っている。メーカー側もコスト削減のため、工業用塩であることを知っていながら使用したことを認めている。

この工業用塩とは亜硝酸塩のことで、白色不透明の結晶体。ハムやベーコンなどに食品添加物として使われている。毒性は比較的強く、0.3〜0.5グラム摂取すると中毒症状を起こし、3グラムほどの摂取で死に至る。妊婦が摂取すると胎児に奇形などの影響が生じる可能性も高い。体内で発がん性物質を生成する。

(Record China)

01 中国が世界から大国扱いを受けるのには、こういった国内の当たり前のモラルが普通に守られるようになってからでしょうな。

自分の目先の利益だけの為に自国民を殺せるんですからねぇ。

しかも大手企業でしょう。

大手企業であれば経営陣は充分に資産を蓄えているはず。

そういった輩がそれ以上に『お金の猛者』に成り果てているのです。

まだまだ中国はでかいのは国土だけで、大国と呼ばれるには程遠いようですな。

« 価格競争は業界を衰退させるだけ | トップページ | 巨大な水平虹が出たぁ! »

中国」カテゴリの記事

コメント

大手をふって平気で悪いことやる。大手企業。それが中国の実態ですか。

人口減らしたい国ですからね。
国によっていろんな物差しありますね。

死刑だって、あっさり。

日本の感覚で中国行って、麻薬なんぞにかかわろうもんなら、簡単に死刑宣告もありだから。
いいような、悪いような。

所詮他人の庭だから、仲良くしていてもいつサイナラ言われるかわからない国。自国の利益あっての日本人。

隣人仲良くしなければ、とはいうものの、相手の出方もありますからね。

船を平気でぶつけてくる国ですから…。

>逃げられない日本人 さま

中国とは真面目なお付き合いをしない。
いや真面目なお付き合いは出来ない。
となりますか・・・。

末端の人々は素朴ないい人も多いんでしょうけど。

国家が反日教育やっている国ですからね。

石材確保も大変なんですね。

>逃げられない日本人 さま

こんばんわ。

そうなんですよ。
末端の中国庶民は素朴そのものなんですよ。
家族 一番
親族 二番
友達 三番
結束が強いのが中国一般庶民って感じがしましねぇ。

ワタシの一番好きな中国の一面です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/54801108

この記事へのトラックバック一覧です: 中国が大国と呼ばれるには まだまだ早い:

« 価格競争は業界を衰退させるだけ | トップページ | 巨大な水平虹が出たぁ! »