« 関東のド真ん中でM5.2 | トップページ | 不安定な日中関係 »

2012年5月29日 (火)

捕らぬ狸の皮算用

ツリー効果想定外…地元商店街「客減った」

 29日で開業から1週間を迎える東京スカイツリー(東京・墨田区、高さ634メートル)は、隣接の商業施設と合わせ、26日には来場者数が早くも100万人を突破、順調な滑り出しを見せている。

 その一方で、ツリー効果を当て込んでいた周辺商店街では客足が思うように伸びないなど、「こんなはずでは……」という事態も起きている。

 ツリーと隣接の「東京ソラマチ」と合わせ、来場者は連日20万人超。100万人突破は予想より2日早く達成し、初の週末となった26日夕には初の入場規制も行った。

 一方、期待はずれなのが地元商店街。開業前は見物客で売り上げを伸ばしたが、開業後は「売り上げが減った」との声が上がる。地元商店街の土産物店の店主(61)は「ソラマチの外に人が出てこない」とこぼす。

(読売新聞)

>ソラマチから人が出てこない

・・・なら、出てくるような『何か』が必要なんでしょうね。

その『何か』をしなくては、黙って人は来ませんぜ。

元は人の来ない(比較的)場所だったんでしょう?

『他人のふんどしで何とやら』を期待しちゃぁいけませんな。

086 オラが商店街を魅力ある街にしなければ、いつまでたっても人は来ません。

どういう状況であれ、女の又に力を入れる『努力』が必要だってことですわな。

そうしなくては、ただゴミを捨てられていく街になってしまいますよ。

努力を期待す。

« 関東のド真ん中でM5.2 | トップページ | 不安定な日中関係 »

独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/54827286

この記事へのトラックバック一覧です: 捕らぬ狸の皮算用:

« 関東のド真ん中でM5.2 | トップページ | 不安定な日中関係 »