« 経済界の爺どもは人の命よりも金儲けがしたいらしい | トップページ | ハトポッポに批判されるようじゃぁ・・・・・ »

2012年6月12日 (火)

企業の鑑(かがみ)、一条工務店

「防潮堤つくって」静岡県に300億円寄付 一条工務店

 浜松市の沿岸部の津波対策を進めて欲しいと、住宅メーカー「一条工務店」(本社・浜松市)は防潮堤の建設資金300億円を県へ寄付することを決め、11日、県、浜松市の3者で基本合意した。同社の宮地剛社長は「ここまで大きな会社となれたのは地元の支援のたまもの。当社創業の地へ、堤の構築で恩返ししたい」とコメントしている。

 3者合意では、防潮堤の工事区間は浜名湖入り口東岸から天竜川西岸までの海岸線17.5キロ。防潮堤の規格は、南海トラフを震源とする巨大地震に伴う想定津波高より高いものとした。県は馬込川河口部の水門整備も含め早期の着工を約束し、浜松市は地元住民への説明を行うこと、としている。

 同社は2012年度からの3年間で、各100億円ずつ、計300億円を寄付する。県は内閣府の検討会がまとめた南海トラフ巨大地震の津波想定に基づいた第4次被害想定をまとめている最中だが、「被害想定の策定を待たず、なるべく早く着工したい」としている。

(朝日新聞)

48 一条工務店。

いいですねぇ。

地元に恩返しなんて、企業の鑑だよ。

ワタシが家を建てた時、沢山の住宅メーカーを回って「住友林業の家」と「一条工務店」の2社に絞り込んだんですよね。

甲乙付けがたい業者のセールストークと実際の対応。

結局は好みのデザインで設計してくれた「住友林業の家」になったんですがね。

熱心に対応してくれた一条工務店のセールスの方には申し訳なくて、米30キロと菓子折りを持参して断りに行ったのです。

セールスの方は嫌な顔もせず、「ワタシの力不足でした。申し訳ありません。又ご縁がありました時には宜しく・・・・」と言ってくれて安堵したのです。

こっちがお客様なのに、そこまで考える事はないだろうと言う方もいると思いますが、一条工務店のセールスの方は、自分よりもお客を第一に考えてくれた方だったので、ワタシも家の者もそのセールスの方が大好きだったんですよね。

今でも知人に住宅メーカーの話を聞かれたら、「住友林業の家」「一条工務店」はイイよと答えております。

人の命よりも金儲けが大好きが爺達よ。

一条工務店の爪の垢でも煎じて飲ませていただきなさい!!

« 経済界の爺どもは人の命よりも金儲けがしたいらしい | トップページ | ハトポッポに批判されるようじゃぁ・・・・・ »

独り言」カテゴリの記事

コメント

一企業の巨額提供、敬服いたします。

それに控え、年金運用任されて3000億円ほど一年ですって平気なオッサンおりましたな。

>逃げられない日本人 さま

一条工務店の経営姿勢には敬服です。

内部留保だけを溜め込む大企業とは雲泥の差でございますよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/54941656

この記事へのトラックバック一覧です: 企業の鑑(かがみ)、一条工務店:

« 経済界の爺どもは人の命よりも金儲けがしたいらしい | トップページ | ハトポッポに批判されるようじゃぁ・・・・・ »