« 何が決められる政治や!! | トップページ | 今後の増税スケジュールでございます »

2012年6月28日 (木)

人さえ近づけない福島第一原発1号機

1号機で事故後最高、致死レベルの毎時1万300ミリシーベルトを検出 廃炉作業さえできない絶望の福島原発

(放射線の大量被ばくによってどのような健康被害、生命の危機に陥るかを示す。もっとも致死にいたるほどのケースは日本の原爆被災やチェルノブイリ原発事故など限られるため、確定的なデータは乏しい。
「即死ポイント発見」でも動かぬか!造血幹細胞の事前採取、不要見解を巡るヤミ」より)

東京電力は2012年6月27日、福島第一原発1号機の原子炉建屋地下の「トーラス室」の放射線量が、最大毎時10.3シーベルト=1万300ミリシーベルトだったと発表しました。

福島原発の事故後1年と数か月が経ったのに、これは、同原発の敷地のうち原子炉格納容器外で実測された最高値です。

人間は7シーベルトの全身被ばくで死亡するとされているのです。広島原爆では、爆心地から700メートルの地点が毎時11.1シーベルトレベルと推計され、現に半径1キロ以内で被ばくした被爆者のほとんどが短期間に死亡しています。原爆被爆者は大量の初期放射線を原爆投下後浴び続けるわけではないのに。

毎時10・3シーベルトの放射線。。。浴びつづけたら短時間での死亡は確実です。

これでは、1号機の廃炉に向けた作業は少なくとも人間ができないことは明らかで、ロボットによるしかありません。

(BLOGOS)

福島第一原発では、人間さえも近づけない放射能汚染場所が、いまだ剥き出し状態なのですな。

国家・マスゴミは、そういった事さえ忘れてしまったか如くの今日この頃。

今この時でも、相変わらず福島第一原発からは膨大な放射能汚染物質が放出されているのです。

377 それなのに国会議員サン達ときたら・・・・・。

ずさんな原発事故の国家・自治体の対応により、あと数年もすればワレワレ庶民からは阿鼻叫喚の嘆きがあちこちから聞こえ始まるはずです。

数年後の日本がどうなるのかは、チェルノブイリが証明しているのです。

それさえも判っているのに、有効な対策をいまだやらない国家・自治体。

見てみぬふりをする国家をワレワレ庶民が許すと思っているのでしょうかね。

ずさんな原発事故処理の結果を目の当たりにした時、ワレワレ庶民の感情は爆発する事でしょう。

その事はよく覚えておくべきでしょうよ。

ずさんな原発処理にあたった電力関係・国家官僚・国会議員・自治体のミナさん。

必ずやワレワレ庶民の感情は爆発するでしょうね。

« 何が決められる政治や!! | トップページ | 今後の増税スケジュールでございます »

原子力事故関連」カテゴリの記事

コメント

まだ原発再稼働するなんて。

爆発すると思います。

>逃げられない日本人 さま

数年後のニッポンの姿を想像すると気が滅入ります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/55070760

この記事へのトラックバック一覧です: 人さえ近づけない福島第一原発1号機:

« 何が決められる政治や!! | トップページ | 今後の増税スケジュールでございます »