« 中国には悪印象なのに・・・ | トップページ | 中国に行ってきたのです その1 »

2012年6月22日 (金)

民主党でなく民主主義が死ぬとな

小学校の児童会よりお粗末な民主党のバカたち!
議会制民主主義国家なんて、恥ずかしくて口にできない。

三党合意という名で国会が無視された。
国会での論議を避けて、裏で手を握る。
採決しないで一任!
一任の後は党議拘束!
その後は除名!

民主党ではなく、民主主義が死ぬ!
”一任”などされていないのに、”一任”されたと嘘をつく。
前原が嘘をつき、野田が嘘をつく。
新聞が嘘をつき、テレビが嘘をつく。

現代の、日本の中心でこんなことがまかり通っている。
国民に残された手段は声を挙げることと選挙である。

その選挙がまたどうなることやら……。
さっぱり読めない。

選挙となれば、自民党は野田と戦いたい。
自民党は無理して解散に追い込む必要はなくなった。
三党合意で魂を売り渡した民主党は、いまや自民党の思いのままである。
来年度予算の編成にも手出し口出し好きなようにできる。

なまじ不信任案など出して可決されたりしたら大変である。
野田は解散ではなく総辞職という道を選ぶだろう。
岡田や枝野や前原なら谷垣でもちょぼちょぼの勝負になるかもしれない。
ガソリンプール男や目ぢから男なんてのは大歓迎だろう。
しかし間違って、頭はバカだが顔はハンサムなんてのが出てきちゃうかもしれない。
民主党は、ハンサム男のバカがばれる前に選挙をやっちゃえということになる。
谷垣もお粗末だが、あとは石原、石破だの小池だのしかいない。
自民党にとっては野田を延命させたいところである。
野田をほめておだてて高揚させておく。
もっとも石原や石破が来年まで待っていられるかどうか。

いずれにしてもこのままではとんでもないことになる。
アレを通してやるからコレを通せ!
コレを通したければアレを通せ!
裏取引で何でもできちゃう。

民主党に中間派と呼ばれる連中がいる。
理念や政策が中間にあるわけではない。
そんなものは元々持ち合わせていない。
松下政経塾と小沢一郎の真ん中にいて様子見をしているだけの奴らである。
こいつらの方針ははっきりしている。
強い方につく!

小沢一郎は、ただこれまでの主張を堅持するだけでいい。
もはや小沢一郎しかいないのだ。
それで堂々と除名を受ければいい。
何人ついてくるかなどはどうでもいい。
選挙になれば有権者は小沢新党に入れるのだ。
残った奴らは悲惨なことになる。
風は小沢一郎のうしろから吹いてくる!
風が小沢一郎の背中を押す!

除名→新党ではない。
基本理念がこれだけ違っている。
これは分党である。

本当は、松下政経塾+仙谷・枝野・岡田・藤井・安住……が出て行かなくちゃいけないのだ。
しかし、こいつらは出て行かない。
現実的な解決策は分党しかない。

輿石よ、幹事長としての最後のご奉公だ!
しっかり分党に持って行け!

ついでに一言。
鳩山との道行きなんかは見たくない。

(稗史倭人伝)

世間の皆様が好きでないオザワンのみが正論を唱えておりますぞ。

ワタシもオザワンに対しては特に思い入れは無いのですが、オザワンしか世の中を正しい方向にもっていけそうな国会議員はいなくなりました。

「豪腕オザワン何故動かん!」

いつまでも影の実力者気取りをやめて、表舞台に出てきて欲しいと思う今日この頃。

123456

« 中国には悪印象なのに・・・ | トップページ | 中国に行ってきたのです その1 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

まさしくおっしゃること、同感です。

全く同じ思いです。

>逃げられない日本人 さま

おはようございます。

今日、オザワンが離党・新党結成に向かうのか気になるところですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/55023952

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党でなく民主主義が死ぬとな:

« 中国には悪印象なのに・・・ | トップページ | 中国に行ってきたのです その1 »