« ハトポッポ | トップページ | 人さえ近づけない福島第一原発1号機 »

2012年6月27日 (水)

何が決められる政治や!!

決める政治の前進と増税案可決を礼賛する大メディアのおめでたさ

マスコミという特殊な世界では、昨今、「決める政治」というのが金科玉条になっているようである。

筆者にはごまかしとしか思えない「社会保障と税の一体改革関連法案」が衆院を通過して、「決める政治」が前進したという。

「『決められない政治』が、ようやく一歩、前に進む。素直に評価したい」(朝日社説)

「やっと一歩を踏み出した『決める政治』を前に進めていくしかない」(日経、池内新太郎政治部長)

打ち合わせでもしたかのような画一表現。これら論者の描くのは、「決めようとする野田首相の足を引っ張る小沢一郎」という構図だろう。

だから池内氏の「延々と同じ議論を蒸し返す。…底流に渦巻いていたのが小沢一郎元代表が仕掛ける権力闘争だ」など、片手落ちの議論がまかり通る。

決めようとする中身が悪いなら、決めないほうがよいのだが、それはさておき「政治とカネ」のみならず「決められない政治」の元凶にさえまつりあげられた小沢氏の身になって、よく考えてみよう。

そもそも、「決められない政治」をつくったのは、菅直人前首相ではなかっただろうか。

まさに今、野田首相が政治生命を賭けるという消費増税を、菅前首相が参院選前にぶち上げたことから、衆参のねじれが起こった。

「延々と同じ議論を蒸し返す」ばかりで、ついには国会の外の与野党協議という「談合」によって決めようと画策したのが、今回の消費増税法案であろう。

その密室談合はまさに、民主党分断をねらう自公の言うなりであった。「あんたのところの小沢、あいつと手を切れば組んでもいいぜ」といえば、少々やくざっぽいが、実態はそんなところだ。

消費増税でぶれたら自分の政権は終わりだと思えば、たとえ相手が悪魔であろうと詐欺師であろうと、救いの手にすがりたくなるだろう。

野田首相はこの罠にまんまとはまった。党内議論を十分に尽くさず、小沢グループ切りを覚悟で消費増税関連法案の採決に突っ込んだ結果、予想をはるかにこえる造反者が出た。

この法案への民主党の反対票は57人、欠席・棄権が15人にものぼった。彼らに厳しい処分を下さなければ参院審議に協力しないという谷垣自民党総裁の筋の通らない言いぐさからは、「国民不在」の党議拘束を民主主義と称してはばからない大マスコミと同じ傲岸不遜のニオイを感じる。

消費増税で手を組んだ自民、公明両党は、早期の解散・総選挙で政権を奪還することが最大の政治目的である。野田をたらしこんで民主党を分裂させたことにより、反野田となった小沢グループも勘定に入れ、内閣不信任をつきつけて野田を解散に追い込む展望が開けつつあるといっていい。

さて、法案の中身である消費増税のことについて、少しふれておきたい。周知の通り、このデフレ不況下、消費税は中小零細企業にとって本当につらい負担だ。簡単にいえば、消費税分を販売価格に上乗せできない、つまり転嫁できないからである。

1000円の商品を1050円で売りたいのはやまやまでも、競合他社が980円の値段をつけたら、それに合わせないと売れてゆかない。50円の消費税を客からとるどころか、収入を減らしたうえ、消費税分を自腹で納税することになる。

それでも消費税制度の理屈の上からは、980円のうち、46.6円は客から預かったものとみなされる。つまり実感では自腹だが、自腹とはいえないわけだ。

大企業の下請け部品工場でも、街の小売店でも、納税時期になると、たとえ大赤字といえど、わずかな社長の個人預金を取り崩したり、生命保険を解約したり、あるいはどこかから借りたりして納税分のおカネを工面しなければならない。

そのような庶民の痛みを知ってか知らずか、この国の首相は消費税を5%から2倍の10%に引き上げることに政治生命をかけるという。

困ったことに、日本の事業者の75%ほどが赤字だといわれる。そのうち9割以上は中小零細企業だ。

消費税の倍増政策は、「中小零細企業抹殺計画」といいかえてもいいほどである。中小零細企業で働いている大多数の国民が職を奪われ、いっそう深刻な不況に見舞われるのは目に見えている。

みんなが儲かってふところ豊かだった時代ならまだしも、カツカツで生活している人の多い時代に採るべき政策ではない。

むしろ、増税による税収増分は口を開けて待っている巨大天下り組織とそこからの受注に頼り切っている多くの企業に流れ込み、本当にそれを必要とする人々を潤す間もなく、乾いた砂に吸い込まれるように消えてなくなるに違いない。

倒産企業と失業者を雪だるま式に増やし、何年か後には税収が今よりもさらに落ち込んで、社会保障どころか展望の見えない生活苦で自殺に追い込まれる人もますます増加する可能性がある。まさに反福祉的政策であるといえる。

ういう意味で、小沢一郎ら消費増税反対を唱えるグループが、政権維持に躍起となる民主党主流派の圧力を跳ね返し消費増税法案の採決で反対を貫いたことは、ごく普通の考え方に沿ったものである。

人の暮らしを守ると言いつつ特権集団に与する現民主党政権首脳の、霞ヶ関的「机上の空論」に染まった脳天にも少しばかりは響いてほしいものだが、野田、岡田、前原、仙谷といった顔ぶれではどうにもならないであろう。

生活実感が乏しく想像力の欠如した「試験秀才」の政官財学報ネットワークががっちりこの社会に根をはっている以上、彼らの利益が優先される構造の「破壊者」がまずは必要であり、破壊することによって新しい統治の仕組み、予算の組み替えが可能になることに我々庶民は思いをいたす必要がある。

ゆめゆめ「壊し屋」というネガティブキャンペーンに乗せられることなく、小沢氏らの行動を見ていくべきだろう。

(BLOGOS)

Baka このニュースに関しては胸糞悪くてコメントする気にもならなかったんですが、余りの酷さにコメントせずにはいられませんわ。

ワタシ的に言えば「何が決められる政治や!」となりますわな。

マニフェストの半分でも実行できれば「きめられる政治」の実現云々・・・とも言ってやってもいいですが、国民との政権を取る時の約束事(マニフェスト)を何もきめずに、後から降って湧いたような消費増税を決めたって、何が威張れるんや!!

オザワンの怪文書まで用意してよぉ!

ワレワレ庶民だって国家が借金だらけなのは判っていますよ。

国家の無駄を徹底的になくしてからの増税にしなよ・・と言ってるんです。

庶民だけに苦水を飲ませといて、テメェらは甘いカルピスじゃぁ~庶民は絶対に許せないわけよ。

だから抗議デモの参加者も増えているんじゃぁないの?

本当に馬鹿につける薬は無いというが・・・・・

コメントする気にもならねぇよ!!

« ハトポッポ | トップページ | 人さえ近づけない福島第一原発1号機 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。

「決められない政治」

①…議員大幅削減。定数是正。議員報酬大幅削減。(削減どころか増やす有り様)
②…無駄の大幅削減。

③…公務員給与削減。

④…脱原発。(脱原発といいながら大飯再稼働に)

⑤…国防体制。

などなど、これらこそしっかり決めるべきでしょう。

この時期の安易な消費税増税は、墜落しかかっている飛行機にさらに負荷をかけるようなもの。

最近、安住財務相は、IMFに4,8兆円も寄付!

日本国民を死に追いやって、外国に突出した寄付!

東電にも何兆も投入。やっと実質国有化。

信頼性低い韓国国債もはじめて買うらしい。


民主党政権はこんなこと一方でしておきながら、強引に消費税増税。

「嘘をつかない政治」に徹してほしいものです。

キチガ〇に刃物!まさしく今の野田民主党政権です。

必殺仕分けの元気良かったレンホウもなにしとんでしょ。こんな時こそわめかんかいな!
野田に。

もともと民主党は資金のある鳩山が作り、選挙に未熟なため、小沢が指南役に呼ばれ、小沢が政権奪取させた党です。

オーナーが鳩山で社長が小沢の民主党。

鳩山も小沢も、約束違反の、この時期の消費税増税には反対。
野田や前原や枝野や仙谷や細野、なんかでは束になっても政権奪取はできない。

政権ようとることできない連中が日本国のハンドル握り、自分達が民主党とばかりに錯覚。

人の作った車に乗っかって、勝手に乗り回し、作った本人まで車から突き落さんと。

それは義に反することだ。

こんな暴走するために車を与えたのではない。

自党を分裂させてまでなぜ今固執する?

どうせ今の民主党政権に将来はない。国民は、民主党支持者であったものも含め、かつてないほどの怒りと嫌悪感を抱いている。

消費税増税問題は自民党に先頭切らせれば良かった。本来自民党が招いたあだ花の対応なんだから。

野田政権は民主党の信頼をなくし、最後には自分の党の中でも手榴弾を爆発させ自爆した。
野田が民主党に送り込まれた刺客なら見事な自爆テロと言えるが…。

あまりにも民主党を粗末にした野田政権。

自分で作り上げたものでないから簡単に粗末にできる。

怒りと落胆は同感です。私もせめて言葉で怒りをぶつけたくなる今日この頃です。

>逃げられない日本人 さま

はっきり言って反吐が出るほどのこの問題。

話をする事さえ気分悪いのですよね。

しかしコメントでもして憂さ晴らししないと、どうにもこうにもおさまりませんわ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/55064407

この記事へのトラックバック一覧です: 何が決められる政治や!!:

» 出会い系 リプライ詐欺 返金ならTCA総合探偵事務所 [トラブル解決無料相談センター]
リプライ/返金・解決お任せ下さい!出会い系詐欺 サクラ被害 詐欺返金 被害返金 詐欺被害 無料相談 TCA総合探偵事務所 [続きを読む]

» 零細会社復活の道 [零細会社復活の道]
ちょっとした考え方を変えるだけで、あなたの零細商店・零細会社は完全に復活し、成長へと向かえます [続きを読む]

« ハトポッポ | トップページ | 人さえ近づけない福島第一原発1号機 »