« 民主党でなく民主主義が死ぬとな | トップページ | 中国 一部のエンターテイメント事情 »

2012年6月26日 (火)

中国に行ってきたのです その1

2泊3日の短期間ですが、お隣中国に行ってきたのデス。

今回の目的は、

1)友人が飲食店を始めるので、お祝いの掛け軸を買う。

2)佛具店で香りの良い線香を買う。

3)中国のエンターテイメント事情の視察。

の3つでございます。

(仕事は抜きでございますよ)

Ncm_0006 沸具店で買い求めたものに、檜の香りホルダーデス。

タバコサイズくらいの大きさの瓢箪型の檜の中が、左のガラス小瓶の大きさにくり抜いてあり、ガラス小瓶をそこに入れて香りを楽しみます。

ガラス小瓶の中には檜の香りの濃縮抽出液が入っていて、蓋を取らなくてもかなりの香りがします。

店主いわく、「車の中のミラーにぶら下げて香りを楽しんでください」との事。

ひとつ¥1200也。

なかなか良いもの発見でございます。

« 民主党でなく民主主義が死ぬとな | トップページ | 中国 一部のエンターテイメント事情 »

中国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/55055394

この記事へのトラックバック一覧です: 中国に行ってきたのです その1:

« 民主党でなく民主主義が死ぬとな | トップページ | 中国 一部のエンターテイメント事情 »