« ペテン師『ノダ』、ここにあり | トップページ | 週末の名曲選 »

2012年6月29日 (金)

糞害に憤慨す

犬も増税?大阪・泉佐野市“飼い犬税”を検討!フン対策で

 犬にも増税-。大阪府泉佐野市が、放置された犬のふん対策の財源とするため、飼い主に法定外の「飼い犬税」を課す検討を始めたことが分かった。深刻なフン害に対し、同市の千代松大耕(ひろやす)市長(38)が憤慨したわけだが、賛成の声があがる一方で、愛犬家を中心に反発の動きも出てきそうだ。

 泉佐野市によると、市内の道路や公園でふんの放置が相次いでいる。2011年度には臭いなどの苦情が少なくとも32件、市に寄せられた。深刻な財政難に悩む同市にとって、迷惑な落とし物の処分にかかる費用はバカにならない。

 こうした現状を踏まえ、飼い犬税構想を市議会本会議でブチ上げたのが千代松市長。「モラル、マナーの向上を市民に求めたい。徹底的に取り締りと啓発を行っていく」とした上で、「改善されない場合には、早ければ2年後に導入する」と説明した。

 市によると、狂犬病予防法に基づき登録されている市内の犬は約5400匹で、猫は登録制度がないため不明という。飼い犬税の税収は、放置を見回るスタッフや掃除の人件費などに充てる方針。市は徴税コストなどの算出を今後進め、税額を検討する。

 28日午前までに市民らから多数の意見が寄せられ、市では「今のところ賛成、反対は半々。『ふんを踏んで不快になったことがあり、税を取るのはよいこと』といった意見もあった」(環境衛生課)と説明している。

 総務省と市によると、1955年度には2686自治体で、飼い主らに「犬税」を課していたが、徴税コストなどを理由に全廃された。

(夕刊フジ)

あくまでワタシの住んでいる地元の話として聞いておくんなさいまし。

ワタシ的には「犬税」は大賛成でございます。

ワタシの住まいの目の前は河川敷になっております。

その河川敷は朝に夕に犬の散歩をさせる市民の方々が多いのデス。

そしてその河川敷に犬の糞が多い事多い事。

河川敷の歩道は糞だらけでございますよ。泣

5791 ワタシの家の目の前で糞をさせて、そのまま立ち去ろうとしたオバハンに、「糞の処理をして下さい」と言ったら、そのオバハン「他の人もしてるんだから私だけに言わないで!!」と逆ギレするありさま。

こりゃぁアカンと自治体に相談して立看板をつけてもらったんですが、一向に効果なし。

ワタシの地元茨城県桜川市のワタシの済んでいる周辺では、犬の糞の処理をしている飼い主は3%くらいでしょうか。

ほとんどの飼い主が糞の処理をしていない事になります。

なので「犬税」には大賛成。

犬の予防接種の価格を犬税を含ませて金額を上げるとかすれば、犬税徴収の費用もかからずに済みます。

ワタシの地元に限っては「犬税」の導入をお願いしたい所ですな。

« ペテン師『ノダ』、ここにあり | トップページ | 週末の名曲選 »

独り言」カテゴリの記事

コメント

民主党から、ハト税、アキカン税もとってほしいなぁ~。

>逃げられない日本人 さま

官僚税・天下り税・国会議員税なんてのもいいかもしれません。

嘘つき税も新設しましょう。

嘘ついたら報酬90%カット。庶民並みの額に!

>逃げられない日本人 さま

奴等からは色々な税金をとっても良いとおもふ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/55076787

この記事へのトラックバック一覧です: 糞害に憤慨す:

» ケノーベルからリンクのご案内(2012/06/30 09:13) [ケノーベル エージェント]
泉佐野市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

« ペテン師『ノダ』、ここにあり | トップページ | 週末の名曲選 »