« 民間出身に大使は無理だったか・・・ | トップページ | オスプレイ不要 »

2012年6月14日 (木)

国債の格下げ祭り状態やね

ムーディーズがスペインを3段階格下げ、銀行救済で財政悪化へ

[ニューヨーク 13日 ロイター] 格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスは13日、スペイン国債の格付けを「A3」から「Baa3」へ3段階引き下げた。ユーロ圏が決定したスペインの銀行向け支援により政府の財政状況が悪化すると指摘した。

またスペイン政府の国際金融市場へのアクセスが「非常に限られている」ことや、ぜい弱な国内経済を理由に挙げた。

ムーディーズは格付けを引き下げ方向で見直すとしており、3カ月以内に再び格下げする可能性がある。

スペイン経済省の報道官はコメントを拒否した。

ムーディーズは声明で「政府の財政は弱体化し、突然の資金調達停止に対するぜい弱さは増しているが、スペイン経済の低迷が続いているために、数年以内に健全な経済成長が見込める場合と比べて、こうした状況に対する懸念が大きくなっている」と指摘した。

「Baa3」は投機的(ジャンク)等級を1段階上回る水準。

ムーディーズのソブリン担当アナリスト、キャスリン・ミューエンブロナー氏は、スペインの銀行セクター支援策が不十分な場合、スペインは国際社会にさらなる支援を要請する可能性がある、との認識を示した。

同氏は「われわれは、スペインが今後数カ月、あるいは数年以内にさらなる支援を要請する必要が生じるリスクが高まっていると考えている。われわれの見方では、それ(支援要請)は強さではなく、弱さを示す兆しになる」と述べ、スペインは国債を発行する上で国内銀行への依存度を高めている、と指摘した。

スタンダード&プアーズ(S&P)のスペイン格付けは「BBBプラス」と、ムーディーズよりも2段階高い水準で、見通しは「ネガティブ」となっている。

フィッチは7日にスペインの格付けを3段階引き下げ「BBB」としたが、依然としてムーディーズの水準を1段階上回っている。見通しは「ネガティブ」。

国債の格下げのニュースが欧州を中心によく聞かれますな。

南米のとある国(A)や中東のとある国(O)の国債が格下げになったときには、テレビニュースのアナウンサーは緊張してしまうのでしょうなぁ。

Otiru 間違ってはいけない・・・

笑ってはいけない・・・

とね。猛爆!!

ただそれだけの事でございます。

くだらない事を書いてしまいました・・・スマン

« 民間出身に大使は無理だったか・・・ | トップページ | オスプレイ不要 »

独り言」カテゴリの記事

コメント

この格付けというのはもともと怪しいもんです。

株式操作にも一役買っているのでは。

格付け上げて、操作銘柄を上げる振りして群がらせ、頃合いを見ては下げる。

格付けするなら、格付けした時点から、いつまでの期間その設定に責任をもつのか、それも発表しないといけないと思います。

責任を伴わない評価だったら、だれでも適当な理由つけて格付けぐらいできますからね。

>逃げられない日本人 さま

いずれにせよ金融崩壊は時間の問題だと思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/54957918

この記事へのトラックバック一覧です: 国債の格下げ祭り状態やね:

« 民間出身に大使は無理だったか・・・ | トップページ | オスプレイ不要 »