« ユッキーナがガンバッターナ | トップページ | 素晴しき中国進学事情 »

2012年7月11日 (水)

寿司屋で鮎の塩焼きを喰らう

Ncm_000711 昨日、友人が鮎釣りに行って釣果があったというので、その鮎を地元の寿司屋に持ち込んで「鮎の塩焼き」を作ってもらったのデス。

流石、料理人のつくる「鮎の塩焼き」は絶品でございますよ。

それに天然鮎でございます。

これ以上の贅沢はないのでございますよ。

鮎釣りをする人か、その方から貰わないと天然鮎は絶対に食べられないですからねぇ。

簗場のあゆがあるじゃないかって?

簗場でかかる鮎って養殖鮎でっせ?

知ってました?

お客サンが簗場にやってくると、簗場のちょっと上流から養殖鮎をお店の人が放流しているのですよね。

6月7月の天然鮎は上流を目指すんですよ。

なので、簗には天然鮎は落ちてきません。

養殖鮎は生簀育ちなので、川の流れにうまく乗れないんです。

なので川の流れに養殖鮎が負けて、簗に落ちてお客サンが捕まえる事が出来るんですよ。

なので天然鮎って滅多に口に入らないんですよね。

料亭にでも行けば天然鮎の塩焼きは食べられるかもしれませんが、高価でっせ!

鮎釣り大好きの友人にココロより感謝のですな。

« ユッキーナがガンバッターナ | トップページ | 素晴しき中国進学事情 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

本物と偽物の差さえ知らない私です。きっとうまいんでしょうね。

これはうまいと思ったとき、本物と思うようにします。

味覚もいいかげんなので、間違うかもしれませんが。

>逃げられない日本人 さま

ワタシも鮎釣りの友人と出会う前は、簗場の天然鮎はさすがに美味い!!とか言っていたクチです。

本当の天然は姿がスマートなのですよ。

川に流れに逆らって遡上する為にそういった体型をしているんでしょうねぇ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/55170101

この記事へのトラックバック一覧です: 寿司屋で鮎の塩焼きを喰らう:

« ユッキーナがガンバッターナ | トップページ | 素晴しき中国進学事情 »