« 長野で震度5弱 | トップページ | 寿司屋で鮎の塩焼きを喰らう »

2012年7月11日 (水)

ユッキーナがガンバッターナ

ユッキーナ難関「歯科助手」試験合格!「教科書の字が読めないところから」

 タレントの木下優樹菜が10日、歯科助手になるための資格「歯科医療事務管理士」の試験に合格したことが明らかになった。都内で開かれた「試験結果発表会」で、ファンが見守る中、本人に知らされ、妊娠9カ月のおなかを抱えながら飛びはねて大喜び。「おバカ卒業です!」と宣言した。

 木下は、通信教育会社「ユーキャン」の企画で、昨年11月に勉強を開始した。過去に運転免許証の仮免許学科試験すら26回不合格した実績があり「教科書の字が読めないところからスタートした」だったが、1日12時間の猛勉強をへて、5月に試験に挑戦。見事合格率70%の“難関”を突破した。

 発表の瞬間は「ちょっと待って!生まれる~」と顔をひきつらせていたが、ファンから万歳三唱で祝福されると「この勢いで安産ですね。いつか子供に自慢します」とニンマリ。夫のFUJIWARA藤本敏史にも「いま歯医者通ってるんで、私が診てあげる。歯科助手なんで任せて」とメッセージを送った。

(デイリースポーツ)

ワタシは特にユッキーナのファンでもないのですが、芸能界で生き残って頑張っている事を見ても「根性入ってんなぁ~」と思うんですよね。

そういった彼女が一から頑張って資格を手にしたって事は、やはり根性入ってるんでしょうねぇ。

有名大学を出ても使い物にならない奴って結構いますからねぇ。

ワタシの経験上、特殊な職業にでも就かない限り、勉学ってのはそんなに重要ではないですからね。

ただ勉学は、ひとつの物事を考える時に、結果を出していくのにアプローチの数が増えるって事くらいでしょう。

たとえば『6』という結果を出していくのに、

1+5 とか3+3 しか考えられないか

2×3 1×6 を考えられるか

そのアプローチの数が違ってくるくらいなんですよね。

そんな事より社会に出て一番重要なのは、『社会性』。

ぶっちゃけて言えば『世渡り上手』なんですよ。

その場その場において的確・適正な対応が取れるかにかかっていると思うんですよね。

395 そういった点において、ユッキーナはいつまでもおバカキャラで芸能界で生きていける訳もないし、子供も出来て今後の生活を考えた上で的確・適正な判断をしたと思いますよ。

旦シャンだってずっと芸能界でやっていける保障は無い訳だし・・・。

今回はユッキーナにあっぱれ!!といってあげたい気分でございますよ。

« 長野で震度5弱 | トップページ | 寿司屋で鮎の塩焼きを喰らう »

独り言」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。ユッキーナそんな事していたんですか^^妊娠中なのにスゴい根性ですよ。今私も医療系の資格の勉強中何ですが彼女の頑張りで大きなパワーを貰った気がします。本当に合格おめでとうございます!

>小浩 さま

こんにちわ!

医療系の資格は難しいものが多いと聞きますから、小浩さま もユッキーナに負けぬ根性で頑張ってくださいませ。

ワタシのように棺桶に片足突っ込むような歳になると頑張りがきかなくなりますから・・・笑

ユッキーナさんへの思い、同感でございます。

ひろさんの頑張り、周りの状況にも動じない悟り、踏ん張りは特筆ものですよ。

ディズニーでのあの決定的写真が物語っています。

わたしは、あのお姿を拝見しては、合掌し、心動じないよう修行させていただいております。

>逃げられない日本人 さま

是非一度、あのディズニーの体験をしてみてくださいませ。

出来上がった写真を見るのも楽しいですよ。笑

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/55169917

この記事へのトラックバック一覧です: ユッキーナがガンバッターナ:

« 長野で震度5弱 | トップページ | 寿司屋で鮎の塩焼きを喰らう »