« コレでは保険制度は崩壊するだろう | トップページ | 銀座のうなぎ屋で思う »

2012年8月 7日 (火)

クズ会社はいつまでたってもクズだった

緊迫場面修正だらけ…東電、社長の顔までぼかす

 東京電力は6日、福島第一原発事故直後、本店や現場をつないだテレビ会議の録画記録をようやく公開した。

 だが映像や音声は不鮮明で、ぼかしが多く、公開された記録も全体の一部にとどまるなど、同社の後ろ向きな姿勢を感じさせた。

 記録は計150時間分で、東電によると、このうち音声1665か所、画像29か所で処理が施されている。同社は「社員個人のプライバシーを守るためで、意図的ではない」としている。

 しかし、清水正孝社長(当時、以下同じ)の顔さえ判別できないぼかしもあり、表情が読み取れない場面もある。音声も随所で「ピー音」が入ったり、途切れたりしている。

 画面は6分割されている。本店や第一原発などをつないでテレビ会議が行われていたためで、画質はもともと粗い。だが、映像会社の技術者は「1号機の海水注入を巡る場面で、第一原発の吉田昌郎所長が両手でバツ印を出す場面があるが、手の部分だけが不鮮明だ」として、必要以上に加工しているのではないかと疑いの目を向ける。

 そもそもテレビ会議の記録の公開は、報道機関が事故直後から求めてきた。東電は「社員のプライバシー」を理由に拒否。今年6月27日に就任した新経営陣の判断で公開が決まった。しかし、〈1〉録音・撮影禁止〈2〉役員を除く社員の個人名は報道しない――などの条件を付け、違反すれば映像視聴、東電の記者会見への参加は禁止するとした。

 しかも、当初は、視聴期間は5日間とし、生の映像を視聴できる記者を1社1人に限定した。枝野経済産業相が改善を指示して、約1か月にのびた。

 日本新聞協会は東電に対して無修整で全面公開するよう申し入れたが、公開映像は実質5日分にとどまった。情報公開に後ろ向きなこうした姿勢は、公開された記録の中にもあった。

 3号機の水素爆発の可能性が指摘される中、勝俣恒久会長が東電幹部との電話で、「国民を騒がせるのがいいのかどうかの判断だけど。次の記者会見でそれ(水素爆発)を聞かれたら、否定するよ、やっぱりあり得ないと」と語っている。

(読売新聞)

452 相変わらずクズ会社はクズのままやねぇ。

『バカは自分がバカである事に気付かない。それは自分がバカだから』

がワタシの持論なんですが、東電に関しては、

『クズ会社は自社がクズである事に気付かない。それは自社事態がクズ会社だから』

コレに尽きますな。

国家が力握ったんだから、国家の強制指導にて全情報を公開したらどうなん?

アホのノダさんよ。

« コレでは保険制度は崩壊するだろう | トップページ | 銀座のうなぎ屋で思う »

原子力事故関連」カテゴリの記事

コメント

全面公開してこその検証資料としての価値ありです。

まやかし資料では真実の事実判断を誤ります。

とても実質国有化された企業姿勢とは思えません。

国民を愚弄するにもほどがありますよ。

値上げはあっさり認めて、情報公開は後ろ向き。民主党政権もぐるなんですか。

本当に精神がクズですね。

>逃げらんない日本人 さま

おはようございます。

精神が病んでいる企業は救いようがありませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/55369866

この記事へのトラックバック一覧です: クズ会社はいつまでたってもクズだった:

« コレでは保険制度は崩壊するだろう | トップページ | 銀座のうなぎ屋で思う »