« ロングブレスで体重が減り始めますた | トップページ | お盆を迎える準備が整いました »

2012年8月 5日 (日)

シャープショック!!

重大局面に差し掛かってきたシャープ

シャープへの台湾メーカーの出資が暗礁に乗り上げてきており、このままいけばシャープの経営が重大なリスクに直面します。

もっともこのブログで指摘しておきましたが、当初からあり得ない出資払込み内容であり、当初から「?}となっていましたが、ここにきて台湾メーカーは案の定、「株価が下落してきたために出資条件を再交渉することで合意した(シャープは否定)」と発表しており、両社がいがみ合う事態に発展しており、日本でも子会社への凸版等による出資交渉が遅れており、シャープから一斉に距離を置こうという事態になりつつあります。

赤字拡大予想で連結剰余金がマイナスに転落するギリギリの状況になってきており、連結負債1兆円が経営に重くのしかかってきています。

エルピーダのようにいったん倒産させ、借金全額カットと従業員を半減させ、再生させるという手法が一番簡単ですが、「名を失う」ことに経営陣がどう判断するのか。

そして1兆円の負債を被る金融機関もただではすみません。
おそらく、どの金融機関も健全債務に分類しているはずであり、引当金を殆ど積んでいないからです。

延命策を取るにも赤字が拡大している中、方策は限られています。
ここ数日が山場になりますが、どのような結論にシャープが至るのか。
シャープショックが市場を走るかも知れません。
(nevada)
013


シャープもピンチですか・・・・・。
「世界の亀山ブランド」に酔っているうちに、世界から取り残されてしまったって感じでしょうかね。
ここまで株価が下がってしまうと、支援(出資)しようとする側の言いなり(出資条件)になってしまうでしょう。
上記にも書いてあるようにいったん倒産させ再起を目指すのが一番なのかもしれませんね。
ニッポン有数の大企業「シャープ」、頑張ってちょ~よ。

« ロングブレスで体重が減り始めますた | トップページ | お盆を迎える準備が整いました »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

数年前まで液晶画面はシャープと言われていましたが、もうシャープは、ガタガタなんですかね?
栄枯盛衰早いですね。

パナソニックもなぜナショナルブランドやめたんですかね。

私の世代は「明る~いナショナ~ル、明る~いナショナ~ル」ってナショナルで揃えるのが自慢でしたけど。性能も良かったですしね。

ひと昔の日本製はかっちり作られていてちゃちじゃなかったです。

価格の安さも魅力で大切でしょうが、長年培ってきた本来の一流ブランドの品質と信用を捨て去り目先のちゃちな外国で作らせた製品で勝負するのでは、外国の新興企業の安物でいいかとなり、結局負けてしまうのではないでしょうか?

日本人が日本で今より安い給料で勤勉に働きいいものを安く提供しないかぎり、外国には勝てないと思います。

新興国で安賃金で現地人を雇い、人のふんどしですもうをとり、日本人は楽して、高い給料とる。これでは日本は負けて当たり前。

株価が十分の一になったら、役員筆頭に給料だって十分の一にならなければ、実際はおかしいのではないかと思います。

船が沈みかけていても、乗組員を減らして、しのごうとしても、より会社全体の力がなくなるだけ。

同じ人数で給料を下げて頑張るべきではないかと…。

まだまだ彼らの給料は下げても大丈夫でしょう。


>逃げられない日本人 さま

大企業は従業員は叩くけど、役員は何の痛みもありません。

極小企業は従業員に我慢をしてもらう時には、経営者はもっと我慢をしなければなりません。

ニッポンの大企業、過去の栄光は捨ててこれからの企業の生き方を考える時でしょう。
すでに遅いかも知れませんが・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/55354394

この記事へのトラックバック一覧です: シャープショック!!:

« ロングブレスで体重が減り始めますた | トップページ | お盆を迎える準備が整いました »