« 修羅の予感 | トップページ | 恐れていた事が現実味を増してきた »

2012年8月10日 (金)

安いものには訳がある

100均商品から発がん物質 おしゃぶりやゴム製調理具

 100円ショップなどで売られたシリコーンゴム製の調理用品や乳児用おしゃぶりの一部から、化学物質のホルムアルデヒドが溶け出していたことが、東京都豊島区の調査でわかった。ホルムアルデヒドは発がん性が指摘され、調理用品や食器から検出されてはならないと食品衛生法などで定められている。

 豊島区生活産業課は「濃度を調べていないので、危険と断定はできないが、問題提起で公表した。しかるべき機関で早急に分析してほしい」と言う。

 豊島区消費生活センターが昨年度の商品テスト結果を公表した。昨年5月と9月、区内の100円ショップなどで、電子レンジ用蒸し器やオーブン用ケーキ型、乳児用おしゃぶりなどシリコーンゴム製品24点を購入して調べたところ、調理用品20点と乳児用おしゃぶり2点の計22点で、ホルムアルデヒドの溶出を示す試薬の反応があったという。

 22点のうち21点は中国製。日本製おしゃぶり1点からも検出された。いずれも100~300円という。シリコーンゴム製の調理用品は、レンジやオーブンで使えるのが特徴で、ここ数年、人気となっている。

 ホルムアルデヒドは、合成樹脂の原料や農薬などに広く使われ、35~37%水溶液はホルマリンとして知られている。アレルギーなどを引き起こすシックハウス症候群の原因物質の一つでもある。食品衛生法では、食器やおしゃぶりからの溶出は「陰性」(検出限界未満の値)でなくてはならないと定められている。

 シリコーンゴム製品は加工の際、弾力や強度を高めるため添加剤を加えており、検出した22点は、その中の物質が加工の際の熱でホルムアルデヒドに変化したとみられる。ゴム製品に含まれている場合は、使い始める前に5分程度煮沸しておくと、後で溶け出す量が減るとされる。

 慶応大学理工学部の田中茂教授(環境化学)は「簡易なテストだが、調査方法は適切。専門機関が濃度などを詳しく調べるべきだ」と話す。

(朝日新聞)

453 安い100均の商品のほとんどが中国製なんでしょう。

お隣中国の考えは、「発がん性物質??だって安いんだもの、それくらいの事しかたないよ・・無問題」となります。

コレはワタシの業界でも同じ事で、安い中国産墓石には訳がある。となります。

墓石のキズ、色むら、鉄錆などは薬品で何とでも誤魔化せますからねぇ。

中国の石材店に言わせれば、「安いんだからしかたないよ」となるのです。

暗黙の了解で中国とニッポンの石材店が見て見ぬふりをしているのが現状なのです。

安くて良い物だったら、高価なものは誰も買わなくなりますよ。

先日の銀座のうなぎ屋の話もそうでしたよね。

採算の合わない激安ランチは痛んだうなぎを使っている。

まさにこの話と同じですよ。

*お断り

中には真面目な業者もあると書いておきますね。そうでないと・・・・。

« 修羅の予感 | トップページ | 恐れていた事が現実味を増してきた »

独り言」カテゴリの記事

コメント

品質あっての値段ですからね。値段あって品質じゃ、おかしなもんも出回るのでしょうね。

その値段に押されて、真面目な本当に良いものが益々消えていっています。

消費者もよいものを見る、触る、比較する、日ごろからそんな眼力を養っておくことも大切かと思います。

パチモンと比べると良い物は、適正価格だし、結局かしこい買い方だと思います。

>逃げらんない日本人 さま

おはようございます~

低価格競争はその業界を潰します。
勝者はいない競争なのです。

まともの商売が出来ない利幅では、商品に対して何でもアリの考えになってしまうのは当然の事なのかもしれません。


ワタシの業界でも、安さのみを売りにしていた業者ほど、先に撤退していくが倒産してしまいます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/55391216

この記事へのトラックバック一覧です: 安いものには訳がある:

« 修羅の予感 | トップページ | 恐れていた事が現実味を増してきた »