« ロンドン ロンドン ロンドン! | トップページ | なんだかなぁ~ »

2012年8月 2日 (木)

ニッポンでは働く所がなくなっちまう

パナソニック:「新本社」150人体制に 社員を大幅削減

 パナソニックが、10月に始動する「新本社」について、社員数を現在の約7000人から大幅に絞り込み、約150人体制にすることが1日、明らかになった。経営の意思決定を迅速化する狙い。本社にいる大半の社員を、新たに設けるサポート部門などに移すほか、一部で早期希望退職を募集して削減する。

 サポート部門は、テレビやカメラなど約90ある事業部の運営を支援する。本社から研究開発や調達、品質保証など大半を移す。本社は現在数十人いる経営企画に加え、人事や財務など戦略立案や投資決定など企画立案機能に特化する。

 早期希望退職については、週内にも経営側が労働組合に提案し、労使間で正式に協議に入る見通し。規模は今後詰める。パナソニックは、13年3月期に構造改革費用として約410億円を見込んでいるが、今回の早期希望退職に伴う退職金は含まれていない。

 パナソニックは12年3月期の連結最終赤字で過去最大となる7721億円を計上。事業ごとに早期希望退職などを募った結果、12年3月末のグループの全従業員は1年前から約3万6000人減っている。

(毎日新聞)

シャープ、早期退職などで年度内に5000人削減へ=関係筋

シャープ<6753.T>は、国内外で5000人を年度内に削減する方向で調整に入った。大幅赤字を計上し、台湾の鴻海精密工業<2317.TW>と提携して経営を立て直しているが、液晶テレビ、液晶パネル、太陽電池の主要3事業の不振は継続。固定費を削減して業績回復を目指す。

複数の関係筋が2日、ロイターに明らかにした。

同社の連結グループ従業員は、6月末で5万6600人。関係筋によると、5000人のグループの人員の圧縮は、年度内に早期退職を募集するだけでなく、事業をグループ外へ切り出すほか、自然減も見込む。

同社は8月31日付で、大型液晶パネル製造の堺工場(大阪府堺市)の運営会社「堺ディスプレイプロダクト(SDP)」を連結対象から外す予定。また、6月27日付で、本体の大型液晶事業本部の約1300人をSDPに移管済み。削減の多くは事業の非連結化でカバーするとみられる。

終身雇用を重視する同社が人員削減に着手するのは1950年以来、62年ぶり。2008年度のリーマン・ショック時も人員整理には手をつけず、余剰人員は配置転換などで対応してきたが、前期に過去最大の3760億円の最終赤字を計上。今期も2期連続で赤字の見通しで、人員圧縮による固定費削減が避けられないと判断した。

シャープはきょう午後6時に、奥田隆司社長が東京都内で記者会見して、人員削減について説明する。

(ロイターニュース)

ソニー、従業員1万人削減へ テレビ事業などの不振響く

 ソニーは4月9日、経営再建策の一環として、年内にも国内外で合計1万人規模の従業員を削減する方針を固めた。テレビ事業などの不振から経営を立て直すには、大幅な人員削減による経費の削減が避けられないと判断した。

 責任を明確にするため、1日付で就任した平井一夫社長兼最高経営責任者(CEO)らの役員賞与の返上も検討する。

 12日に経営方針説明会を開き、発表する見込み。人員削減には、液晶事業の従業員のうち、東芝や日立製作所と1日に設立した液晶製造会社へ転籍する人員なども含むとみられる。

 ソニーは05年にも、計1万人の人員削減計画を打ち出していた。

■リストラ、10年で6万人

 ソニーがグループ全体の6%にあたる計1万人規模の従業員を削減する。赤字が続くテレビ事業の「止血」のためだ。責任を明確にするため、平井一夫社長兼最高経営責任者(CEO)らの役員賞与の返上も検討する。

 削減する1万人のうち約5千人は、3月に発表した日本政策投資銀行への化学事業売却と、4月1日にスタートした東芝、日立製作所との中小型液晶事業統合による従業員の移籍が占める模様だ。ソニーは12日の経営方針説明会で、国内外でさらに5千人規模を減らす計画を打ち出す。

 ソニーは2012年3月期連結決算で、純損益が2200億円の赤字になると見込む。欧州危機による需要減少や超円高などの影響と説明するが、中でも厳しいのがテレビ事業だ。

 韓国や台湾などの海外勢との競争で価格が下落し、8年連続で営業赤字になる見通し。「立て直しは待ったなし」(平井社長)としており、テレビ事業での大幅な人員削減も避けられない。

 これまでもソニーは、テレビ事業が赤字に転落した後の05年に1万人、リーマン・ショック後の08年にも1万6千人の削減策を打ち出している。今回も合わせると、過去10年で6万人規模の人員を削減する。

 12日の説明会では人員削減に加え、今後も成長が見込まれるスマートフォン(多機能携帯電話)に注力することや、画像センサーや高精細な有機ELディスプレーなどの技術を生かして高い利益率が見込める医療分野への進出を強化する方針も発表する見通しだ。

(朝日新聞)

どこの家電大企業も大変でございますなぁ~

グローバル経済の成れの果てといったところなんでしょうかね。

日本のお家芸『家電』も今では見る影もありません。

グローバル経済において、真っ先に要らなくなるのは人件費の高い国の従業員です。

世界標準で考えたら、ニッポンの従業員の給料は高すぎるし、その割には仕事はしないとなります。

そういったことが積み重なって、大量リストラを招いていく事になるんでしょうね。

だものニッポンの未来はwow wow wow wowでございますよ。

Ncm_0009そういった中においてワタシの会社はコレ。

『先義而後利者栄』の精神で、細々と純国産墓石加工卸をやっております。

この言葉を社是として地味な仕事に徹しております。

若人よ!中小企業で働くのもいいぜよ!!

« ロンドン ロンドン ロンドン! | トップページ | なんだかなぁ~ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/55335691

この記事へのトラックバック一覧です: ニッポンでは働く所がなくなっちまう:

« ロンドン ロンドン ロンドン! | トップページ | なんだかなぁ~ »