« 冷静でいられるわけがない!(甲状腺がん) | トップページ | 中国の嫌がらせ始まる »

2012年9月13日 (木)

日中友好崩壊

<尖閣問題>日中友好は完全に崩壊し、大きな軋轢の時代に突入―中国紙

日本政府が尖閣諸島(中国名・釣魚島)を正式に国有化したことに対し、中国紙・環球時報は社説で「日中の友好関係は完全に崩れ去り、大きな軋轢の時代に突入せざるを得ない」と論じた。以下はその概要。

11日、尖閣の所有者と日本政府の間に売買契約が成立し、まさしく日中関係の“9・11”となった。

70年代の国交正常化以来40年間、無数の風雪に耐えてきた友好関係は、これで完全に崩壊した。

両国が再び敵視し合う民族となることは避けがたく、日中関係は大きな軋轢の時期に突入せざるを得ないだろう。

日本は中国の“代々の仇”であり、衰退の過程に入りつつある先進国である。

両国の力関係には現在、歴史的転換が起こりつつある。

両国の関係がこれ以上悪化しても、中国は自国の利益を損なわない十分な準備が整っているはずである。

日本は米国の同盟国であるが、日中友好がかつて日米同盟を揺さぶったことはないかわりに、中国にとっての政治的意義も大きくはない。

経済面でも、日本の対中依存度は中国の対日依存度を上回っており、政治的対立が中国経済に与える損失も限られている。

軍事面では、中国は核保有国であり、日本に対し抑止力を維持している。

当然、日本が米国の容認の下で新たに軍事強化し、核武装する可能性はある。

ただし、例えそうであったとしても、中国に及ぼす脅威には限度がある。

中国には多くの対抗手段を持っているし、周辺諸国も日本の軍拡を牽制するはずである。

日本の中国に対する態度と、米国やロシアに対する態度を比較すると、日本は弱い者には強気で、強い者には弱腰の国家であることを示している。

中国の力量に畏敬の念を抱けば、日本も初めて中国との外交姿勢を真剣に変化させるだろう。

その時が日中友好の新たなスタートとなるかもしれない。

ただし、このプロセスが順調に進んだ場合でも、約30年の年月が必要だろう。

(record china)

日を追うごとに日中関係は悪化の一途をたどっているようですな。

ワタシ的にはこうなった以上、国際司法裁判所の判断を仰げばいいんじゃなlないの?と思うんですがねぇ。

以前にも書いたけど、ドンパチやったら両国がオワリです。

両国の原発攻めて、中国の三峡ダムが破壊でもしたら、両国はオシマイでございますよ。

まぁ~両国の首脳部もそれくらいの事は判りきっているだろうから、先日のテレビで自民党石原幹事長が言った、「中国は攻めて来ません」発言にも繋がるんでしょうね。

強力な経済制裁なんて事になったら、大まかに言って困るのはニッポン。

ワタシに限っては困りませんがね。

純国産墓石製造卸元の最大の敵は「中国産格安墓石」でございますから。

とにかく、公平な判断が出来る所での公平な判断に期待するしかないですな。

001 ワタシの中国の友達、歌手のスーシーちゃんからも昨夜メールがあり、「ワタシ達の友達関係は・・・・」と心配していたので、「ワタシ達の関係と国家は関係ありません。」と返信しておきましたわ。猛爆!

« 冷静でいられるわけがない!(甲状腺がん) | トップページ | 中国の嫌がらせ始まる »

中国」カテゴリの記事

コメント

ついに中国から仇と言われましたか。

心の絆の方は益々強くなっているようで、これぞ友好外交ですね。

>逃げられない日本人 さま

人類みな兄弟でございますよ。

そろそろ、ミュンバクも反省しているみたいなので、この名前は返上しようと思っています。

ところで、人類はまだ爬虫類の脳で物事を考えてるので、あきれています。

尖閣問題は領土問題だけど、縄張り意識が根底にあんじゃないの。それで、何か自分に利益をもたらすと思っているみたいだけど、ほとんど勘違いです。

だって、世界中を相手にしないと今の時代、稼げないでしょう。明日は危険と言われてるけど、私は通常通り中国にある会社に出勤します。

> ミュンバクのパボ  さま

公私共にバタバタと忙しく、返信が遅れて申し訳ありません。

そうそう中国在住でございましたねぇ。

お住まいの近くの反日状況はいかがでしょうか?

ワタシも来月中旬に訪中予定なのですが、さほど心配はしていないのですよ。

外務省が渡航禁止の措置でも取れば行けないので訪中しませんが、そうでない限り訪中予定です。

ワタシの中国の友人たちは、「ワタシがアナタを命かけても守るアルよ・・」と言ってくれているので、何の心配もしておりません。

お互いの落とし所がうまく見つかればいいのですがねぇ~

ひろ さま

お忙しそうで・・・毎回返信くださいましてありがとうございます。

反日運動は地域によって違いがあります。
デモが有るところは事前に分りますので、避けていればそれほど危険はありません。

しかし、蘇州にある商業街の日本料理屋はすべて破壊され、近づけないと聞いて怖くなりましたが・・・。

昨日の18日は日系企業は在宅勤務を行ってる会社が有る中、当社はデモが起こりにくい地域なので、外出しなければ安全と判断し、出勤していました。

来月中旬ならば、たぶんですが沈静化しているので、大丈夫では?

>ミョンバクのパボ  さま

おはようございます~

反日デモが当局の指示によって禁止されたようで何よりでございますね~

中国人も当局の通達には逆らえませんから、一般人の反日行動は沈静化していくのでしょうね。
そうなれば一般中国人は普通の人民に戻りますから、ひとまず安心です。

ただ国家同士の問題は長引きそうですよね。

ひろ さま

おっしゃるように、当局の指示で禁止令が出たとたん、街の雰囲気は普通の状態に戻っています。

なんか、共産党員が指示されて人を集め、意識的にデモや破壊工作を行ったのではないかと疑わざるをえません。

上海ではデモを行う人たちをバスで移動させていましたが、車内でアルバイト代を渡していたんじゃないかと私は思いました。

愛国無罪なんて言ってるけど、これは完全にヤラセでしょう!

>ミョンバクのパボ  さま

おはようございます~

ヤラセを匂わせるニュースはドンドン出てきていますよね。

100元でデモ参加のアルバイト。
デモ終了後に公安から水のペットボトルを渡された。
破壊をあおった人物は当局に関係した人物。
などなど・・・

普通の一般人民だけで、あそこまでの破壊行為は出来ないと思いますよ。

国家・当局の意のままに操られている人民の姿を見た感じがしました。

ひろ さま

そうですね。デモや破壊工作、略奪はやらせだったって記事がどんどん出て来てますね。

アルバイト代は50元くらいかな?と思っていましたが100元とはおいしいです。

中国のお偉いさんが今回の事を「茶番」とか言っていましたが、どっちの国を指してるんでしょうか?笑ってしまいますね。

>はくろう さま

こんにちわ。

ワタシ達日本人は、あくまで赤い国と付き合っているんだとの認識を忘れずにいるべきなんでしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/55647837

この記事へのトラックバック一覧です: 日中友好崩壊:

« 冷静でいられるわけがない!(甲状腺がん) | トップページ | 中国の嫌がらせ始まる »