« ニッポン成田・羽田はハブ空港になれやしない | トップページ | デスブログに脅える人々 »

2012年11月12日 (月)

墓石小売業者の皆様へ

今年の夏以降から顕著になってきているのですが、日本国内加工卸業の動向に変化が出てきております。

中国産墓石に限界を感じている小売店の方が増えてきているようです。

品質の悪化が顕著ですからねぇ~

中国国内での安い価格帯の原石が無くなってきているのも要因の一つでしょう。

真壁小目などの日本の石や黒系の石種を国内加工にシフトする動きが出てきました。

管理人の会社の月産量はほぼ決まっていますが、その月産量の中で金額ベースで○百万円の確約を求められる話が出てきております。

国内製造卸業者は当店もそうですが、御注文が増えたからといって会社の規模を大きくしようとする会社はほとんどありません。

今までの経験で会社の規模(大きさ)よりも、現状で受けられるだけ受ければいいと思っている国内製造卸業者ばかりです。

管理人としては、国内製造卸業者との取引も早めに視野に入れておいたほうが良いのではないかと思います。

(鈴木商店HPより)

今回は業界ネタなので興味のない方はスルーしてくださいませ。

上記はワタシの会社のHP上にアップしたコメントでございます。

国内墓石加工製造卸にも異変が起き始めているのですよ。

最近では中国生産墓石の品質悪化が顕著になっていて、黒系の墓石を作れない中国の工場が大半になってしまいました。

そんな中でも人件費の高騰や中国原石の値上げによって、中国製品の値上げは止まりそうにもありません。

品質は悪くなる、価格は値上げ・・・高かろう悪かろうでモノを買う人はおりませんよ。

そういった中で国内墓石製造卸業者が注目され始まっているのです。

実際、ワタシの会社にも黒系の問い合わせが多くなってきていますし、金額ベースでの納品の確約依頼なんてものもあります。

中国サイドでまともなモノが作れなくなった今、日本国内の製造加工卸業者に目が行くのは自然な流れでしょう。

しかし、日本国内の製造加工卸業者は全盛期の1/20になっています。

当工場のある石材団地でも25件ある業者のうち、機械を動かしている所は2~3件のみです。

残りは中国箱モノ業者か小売業展開に方向を変えた業者です。

8777 充分な国内供給体制はとても無理でしょうね。

なのでワタシは言っているのですよ。

『早いとこ、国内製造卸業者との繋がりを持っておいてください。』と・・・・・。

あとで国内墓石製造業者を探しても難しくなりますよ。

« ニッポン成田・羽田はハブ空港になれやしない | トップページ | デスブログに脅える人々 »

独り言」カテゴリの記事

コメント

いしの強さでいよいよひろさん4番バッターに復帰ですね。

>逃げられない日本人 さま

こんにちわ!

日本の石が意志であり、遺志にならないよう気をつけます。

ひろさんのプロ根性、民主党にもまねしてほしいです。

>逃げられない日本人 さま

プロ根性なんてものではなくて、意地を張ってただけなんですよ・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/56097169

この記事へのトラックバック一覧です: 墓石小売業者の皆様へ:

« ニッポン成田・羽田はハブ空港になれやしない | トップページ | デスブログに脅える人々 »