« アホ国家ニッポン | トップページ | 所得倍増なんてアンタ! 中国 »

2012年11月 7日 (水)

『民主党』日本史上類を見ない最低の政党だ

マニフェスト全面謝罪へ…民主、見通し甘さ認め

 民主党は6日、2009年衆院選の政権公約(マニフェスト)やその後の政権運営について、「反省点」を総括した「マニフェスト重要政策説明用資料」の原案をまとめた。

 同党が衆院選で圧勝する原動力となった主要な政策の柱について、見通しの甘さや説明不足を認め、全面的に謝罪する内容となっている。近く最終案をまとめ、ホームページや集会などで国民に説明することを検討している。

 原案は、細野政調会長らが作成し、6日の政調役員会で出席者に配布された。10日からの政策

進捗

(

しんちょく

)

報告会で、この原案を踏まえ、国民に説明・謝罪し、理解を求める方針だ。

 原案では、子ども手当など11の主要なマニフェスト項目と、社会保障と税の一体改革などマニフェスト以外の7重要政策について、「到達点と反省」などを記している。

 「マニフェストの財源確保」の項目では、16・8兆円の財源確保について、「歳出、歳入とも見通しが甘かった」と認め、「選挙で掲げたことを実行できなかった事実を率直に認め、国民におわびしなければならない」とした。

(読売新聞)

744 民主党について一言で言えば、『政権担当能力の無い集団』と言う事なんでしょうな。

民主党は万年野党がお似合いでございますな。

時期の選挙で民主党が下野する事は決定的。

下野して程なく内部のゴタゴタで解党に向かうのでしょうな。

ワタシもそうだったんですが、民主党の嘘八百並べたマニフェストに酔いしれた自分を恥じますよ。

いくら知人の誘いとあっても、一度は地元民主党議員○島氏の選挙手伝いまでやったんですからねぇ。

この件については、ワタシの一生の恥として残りますわ。

自分の直感で物事を決めていったほうがやはり間違いないな。

« アホ国家ニッポン | トップページ | 所得倍増なんてアンタ! 中国 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

期待したのはひろさんだけではありませんよ。私も含め、多くの国民がシロアリ退治を期待して政権を託しました。しかし民主党は見事なほど嘘つきで、シロアリと結託。責任感も全くなし。しかも国内外危機管理が全くできない。外国にせっせと金みつぐのはうまいお人好し馬鹿連中。 もうごめんです。

「国民の生活が第一」はよくぞ抜け出した。
先日の「国民の生活が第一」の東祥三議員の30分を越える代表質問は誠に誠に素晴らしかったです。
国民の気持ちをまさに代弁していました。
特筆すべき演説でした。

>逃げられない日本人 さま

民主党に在籍していて、現政権が間違っている事に気付いた議員は「国民の生活が第一」のように離党したのでしょう。

離党した議員はマトモなんでしょうね。

マトモな議員を応援したいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/56060325

この記事へのトラックバック一覧です: 『民主党』日本史上類を見ない最低の政党だ:

« アホ国家ニッポン | トップページ | 所得倍増なんてアンタ! 中国 »