« 嘘つき民主党 | トップページ | 強烈な体感アリ »

2012年11月19日 (月)

守りながら攻めにゃアカン

スカイツリー開業半年 “足元”には光当たらず

 首都の新たな観光名所となった東京スカイツリータウン(東京都墨田区)が22日、開業から半年を迎える。開業前から爆発的な人気を博し、来場者数は2000万人を突破。ところが、スカイツリーの“足元”にある商店街には開業後、来客の激減という皮肉な現象が起きている。その理由とは-。

**中略**

 一方、スカイツリーの近くに位置する押上駅周辺の商店街では現在、ほとんど「スカイツリー効果」はないという。

 東京スカイツリータウンの南側にあるおしなり商店街振興組合によると、スカイツリーの建設中はタワーの成長を見物に来る客や建設工事関係者で商店街はにぎわいを見せていたが、開業とともに客が激減した。

 組合の金澤武市理事長(68)は「客は東京ソラマチに流れ、商店街には来なくなった。来客数は感覚的に約80%減という感じだ」と話している。休日に混雑する東京ソラマチでの待ち時間を避ける客が食事に訪れる程度だという。

 今後は東京スカイツリーの関連イベントを増やし、集客アップにつなげたい考え。おしなり商店街と同様、スカイツリーの恩恵を受けていない押上通り商店会は「来年3月からアーケードをリニューアルして巻き返す」としている。

(産経ニュース)

590 スカイツリーお膝元の商店街が振るわない・・・・。

何も変わらなければ人は来ませんぜ。

来年からアーケードをリニューアルって遅すぎ~

スカイツリー開業に合わせてスカイツリーまでほとんど濡れないで歩けるようなアーケードを作るとか、店構えを商店街を全てに町屋風に表情を作るとか、大規模駐車場を隣り合わせて用意するとかしないとなぁ~

廃れた表情の商店街に来る人はいません。

素晴しいお店がたくさんあるんだからさぁ~

商店街を守りたかったら、商店街で攻めにゃぁなりません。

攻撃は最大の防御と申します。

« 嘘つき民主党 | トップページ | 強烈な体感アリ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

いいアイデアしぼらないとね。
私の提案です。

「どんな商店街だったらあなたは何度でも来たくなる?」

こんな懸賞金付きアンケートを一般客に大々的に呼びかけたら面白いと思いますが…。

お客様目線が原点ですから。

>逃げられない日本人 さま

おはよございます~

アンケートってのはいい考えかもしれませんね。

いまどきのお客サンってのは見た目重視の傾向がありますから、その辺の所も大切かと思いますよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/56146245

この記事へのトラックバック一覧です: 守りながら攻めにゃアカン:

« 嘘つき民主党 | トップページ | 強烈な体感アリ »