« 安いものには訳がある | トップページ | アベハシナナキャワカラナイ »

2012年12月29日 (土)

チェルノブイリは現在進行形

チェルノブイリ密閉作業、なお残る影響

 史上最悪規模の原子力事故を起こした、ウクライナのチェルノブイリ原子力発電所で、アーチ型巨大シェルターの建設が本格化している。骨組みの一部が完成した「新安全閉じ込め設備(New Safe Confinement)」は、損壊した原子炉4号機全体を覆い、放射性物質を閉じ込めるよう設計されている。現地では、事故後26年以上にわたって除染作業が続けられてきたが、NSCは最新の防護策となる。

 1986年4月26日、4号機が爆発、大量の放射性物質がウクライナ、ベラルーシ、ロシア西部の上空に放出された。近隣区域では避難活動が進められ、ヨウ素や放射性核種の拡散はヨーロッパの大部分に及んだという。世界保健機関(WHO)の推計では、約30人の運転員・消防士が事故後まもなく死亡。その後、被曝による死者数は4000人に上ったとみられている。さらに放射線が原因とみられる癌(がん)患者の死亡者数は、その6倍以上との調査結果も出ている。

 復旧と清掃作業の後、4号機は大量の作業員が投入され、ウランやプルトニウムなどの放射性物質を封じ込める、コンクリート製の「石棺」で覆われた。だがこのシェルターは半年で急造され、当初から永久的な解決策となる見込みはなかった。欠陥のある梁(はり)が支える天井の所々に亀裂が生じ、専門家の間では、崩壊して再び放射性物質が漏えいする恐れがあるとみられていた。

◆恒久的な対策

 そして1997年、より永久的な防護策の実施のため、シェルター改善計画(SIP)が実施される運びとなった。20以上の国家と欧州連合(EU)が20億ドル(約1700億円)を投じたプロジェクトで、その規模は「工学史上、類を見ない」と、統括する欧州復興開発銀行(EBRD)は述べている。

 まず石棺の補強を優先し、2012年11月には新型シェルターのアーチ型屋根の一部が完成。竣工予定は2015年で、4号機を覆う石棺の上に可動式のアーチが架けられる。耐用年数は100年、総重量2万9000トンに上り、自由の女神像が収まるサイズになるという。

 プロジェクトの資金調達は1997年に開始、欧州復興開発銀行(EBRD)によれば、国際的な拠出金は十分な額に達しているという。EBRDの原子力安全局長ビンス・ノバク(Vince Novak)氏は、「建設には莫大な費用がかかる。遅れは許されない」と述べるが、完成までの道のりはまだまだ長い。同氏は、11月に無事完了した計画案の検証が第1関門だったとしている。現場作業を想定したシュミレーションをイタリアで行うなど、想定されるすべての工程に注意が払われた。「おかげで順調に進行している」。

 ノバク氏によると、建設スピードを上げ、作業員の安全を確保するため、原子炉から距離を置いて工事を行っているという。「現場の放射能レベルは、特別な防護服を着用しなくても時間制限なく作業できるほど低い」。

◆無人化した周辺

 チェルノブイリの近接区域では事故後、計33万人以上が住み慣れた土地を追われることとなったという。

「車で走ると、25年以上にわたって朽ち果てていった村をいくつも通り過ぎる」と、テキサス工科大学で行動生態学の教授を務めるロン・チェッサー(Ron Chesser)氏は話した。同氏は1992年にアメリカ人として初めて立ち入り禁止区域に足を踏み入れることを許可され、事故による野生生物への影響調査を行った。「かつては人が住んでいたという事実に呆然となる」。

◆人体に残る影響

 チェルノブイリ事故の影響は現在も続いている。甲状腺癌の発症率上昇はその一つだ。汚染された牛乳を飲んだ子どもへのダメージは特に大きい。国連によると、2005年までに、ベラルーシ、ウクライナ、ロシアの高汚染地域で6000人以上の子どもが放射線による甲状腺癌を発症。患者は生涯にわたって治療が必要になり、今後さらに増加すると予想されている。

(National Geographic News)

チェルノブイリに何一つ学ぼうとしないニッポン。

それはそれでよいだろう。

しかし、各々腹をくくる必要があるのでしょう。

近い将来、必ず目に見える形でやって来る健康障害。

来るべき日への備えが必要なんだと思います。

隣県に住まうワタシは、来るべき日に備えての準備を済ませ、行動をしております。

このニッポンに生まれてしまった事を憂いても仕方がありません。

そういった国家の形にしてしまったのは、ワレワレ自身でもあるのですから・・・・。

Ⅹデーはいつか必ずやって来ます。

それは巨大地震と同じやね。

だから来るべき日への備えしかないのデス。

6633

« 安いものには訳がある | トップページ | アベハシナナキャワカラナイ »

原子力事故関連」カテゴリの記事

コメント

福島第一原発四号機の使用済み核燃料棒を思うと戦慄が走ります。私共夫婦は還暦手前で覚悟は出来ておりますが将来の或る息子と娘は避難させる所存で一部資産も海外に逃避させております。「ただちに健康に問題は無い」と大見得を切った枝野幸男元官房長官の与太話に地元のさいたま市でも「虚言症の枝野幸男を落選させる会」が発足しましたが対抗馬の牧原秀樹氏もスキャンダルがあり今回も勝てませんでした。

>高貴なる野蛮人 さま

おはようございます。

将来のある若人や乳幼児、これから生まれ来る子供達はとんな事をしても守らねばいけませんよね。

ワタシも子供を地元に縛りつけないようにしようと思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/56416068

この記事へのトラックバック一覧です: チェルノブイリは現在進行形:

« 安いものには訳がある | トップページ | アベハシナナキャワカラナイ »