« チェルノブイリは現在進行形 | トップページ | 本年はいろいろとお世話になりました »

2012年12月30日 (日)

アベハシナナキャワカラナイ

首相「原発新たに作る、福島と全く違うものを」

 安倍首相は30日のTBSの番組で、今後の原子力発電所建設について「(東京電力)福島第一原発の事故原因等々を冷静に見極める」とした上で、「新たに作っていく原発は、40年前の古いもの、福島第一原発とは全然、違う(ものにする)。国民的な理解を得ながら新規に作っていくことになるだろう」と述べた。

 前提条件付きながら、新規建設への意欲を初めて示した。

 首相は同じ東北の原発であっても東日本大震災の被害の程度に差が出た点を調べる考えも示し、「福島第一原発は津波を受けて電源を確保できなかったが、福島第二原発は対応した。(宮城県の東北電力)女川原発もそうだ」と指摘した。

 自民党の衆院選政権公約は原発政策について「10年以内に、将来にわたって持続可能な電源構成のベストミックスを確立する」との表現にとどまっていた。ただ、首相は就任前、新設を認めないとした民主党政権の方針について「もう一度見直していきたい」と述べていた。首相は番組で、「国民は当面の電力需要への対応が不安なのだろう。だから、簡単に『脱原発』『卒原発』と言葉遊びに近い形で言ってのける方たちは(衆院選で)信用されなかった」とも述べた。

(読売新聞)

5666ホレホレ自民党が大勝しちゃったモンだから、とんでもないこと言い始まっちゃたよぉ~

以前の自民党の復活じゃぁ~

全てのものを後の者に負の遺産として残していくやり方。

ワタシ達の孫子にツケを払わせる手法。

なんだかんだ言っても、大勝させちゃったのはワレワレですからねぇ~

腹をくくってくださいましよ。

« チェルノブイリは現在進行形 | トップページ | 本年はいろいろとお世話になりました »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

自民党を消去法で選ぶにも自公で三分の二を超える圧倒的勝利をさせたのは悔やんでも悔やみ切れません。適度な与野党の緊張状態が無いと必ず権力は暴走致します。安倍内閣のメンバーにも参謀にも党役員にも諫言出来る有能な参謀が不在で目先の利益や繁栄により国家存亡の危険性を子孫に押し付ける結果になりそうです。原発の無い南半球に逃げ出したくなる心境です。

>高貴なる野蛮人 さま

巨大な数を手に入れた政党を止める手立てはございません。

南半球・・・フィジー移住ってのもイイかもしれませんね。

来年も宜しくお願いいたします。

こんにちは。もう『アホか…』の一言しかないです。

>小浩 さま

来年は暴走列島が本格的に稼働します。

わしゃぁ~もう知らん。


来年もひとつ宜しゅうお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/56429549

この記事へのトラックバック一覧です: アベハシナナキャワカラナイ:

» 首相「原発新たに作る、福島と全く違うものを」 [【2ch】ニュース速報嫌儲版]
1 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2012/12/30(日) 21:03:30.94 ID:Pl2nTIqS0 ?2BP(1000)安倍首相は30日のTBSの番組で、今後の原子力発電所建設について、「(東京電力)福島第一原発...... [続きを読む]

« チェルノブイリは現在進行形 | トップページ | 本年はいろいろとお世話になりました »