« 安かったけど・・・ | トップページ | 正常性バイアスから脱却せよ! »

2012年12月 8日 (土)

とうとう来た、アウターライズ型地震

懸念された「アウターライズ型」 長期の警戒必要

 東北地方の三陸沖で7日に起きたマグニチュード(M)7.3の地震は、東日本大震災の震源域の東縁で発生した。日本海溝の東側を震源とするアウターライズ(海溝外縁部)型と呼ばれる地震で、大きな津波を伴う余震として地震学者が最も警戒していたタイプだった。大震災から約1年9カ月がたっても巨大地震の影響が続いていることを示しており、今後も長期間の警戒が必要だ。

 大震災以降、東北地方の太平洋側で起きたM7級の地震は今回で7回目。大震災当日に3回、昨年4月に2回、同7月に1回発生したが、その後は1年以上、起きていなかった。規模の大きなアウターライズ型は震災当日以降では初めて。

 大震災の巨大地震(M9.0)は東北地方を乗せている陸側の北米プレート(岩板)と、その下に沈み込む太平洋プレートの境界部で発生した。境界部に蓄積されていたひずみは、すでに広範囲にわたって解放されているが、周囲の地殻でさまざまな力が働き、余震の懸念が続いている。

 余震の発生メカニズムは、沈み込む太平洋プレートや陸側プレートの内部の地震などがあるが、アウターライズ型は特に津波が大きくなりやすい。震源が陸地から離れているため、揺れはさほど大きくないが、海底が大きく動くため津波は大きくなる特徴がある。

 大震災の巨大地震によって太平洋プレートが陸の下に大きく沈み込んだため、海溝東側の地殻は東西に引っ張られる力が働き、この影響で正断層タイプのアウターライズ型が起きやすい状態になっていた。政府の地震調査委員会は、日本海溝の東側で起きるM8級のアウターライズ型の発生確率について、10年以内に1~2%、30年以内に4~7%と評価していた。

 昭和8年に起きた昭和三陸地震もアウターライズ型として知られ、揺れの被害は少なかったものの、岩手県で最大約28メートルを観測する大津波が発生し、3064人に及ぶ死者・行方不明者が出た。

 吉井敏尅・東京大名誉教授(地震学)は「大震災から1年9カ月が経過したが、M9.0の巨大なエネルギーが加えられた影響で、日本列島は力のバランスが以前と変わっている。当分は大きな余震や誘発地震が発生する可能性が十分あり、今後も警戒が必要だ」と話している。

(産経ニュース)

懸念されていたアウターライズ型地震が発生してしまいました。

先の大震災の規模からして、今回のアウターライズ型地震の規模は小さいですな。

34 今後、該当地域において同規模の地震が発生するか、もう少し大きめの規模の地震が発生する可能性が大きいです。

それに伴って、飛び地での大型地震も発生しやすい環境が、以前にも増して整いました。

年末年始を中心に、今後しばらくの間は、大き目の地震発生の可能性が大きくなっています。

以前から書いているように、備えあれば憂いなし。

数日分の食料品の確保や車の燃料を常に満タンにしておく。

それに季節柄、暖を確保するアイテムの確認も必要でしょう。

該当地域周辺に住まうワタシとしても、最大限の注意をしていきます。

« 安かったけど・・・ | トップページ | 正常性バイアスから脱却せよ! »

地震予知関連」カテゴリの記事

コメント

福島原発事故現場があるので全国ひやひやもんです。

>逃げられない日本人 さま

ワタシはツイッターアドレス(@zukkir964)を持っているのですが、地震の最中につぶやいたのは、「福島原発は大丈夫か!!」でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/56276384

この記事へのトラックバック一覧です: とうとう来た、アウターライズ型地震:

« 安かったけど・・・ | トップページ | 正常性バイアスから脱却せよ! »