« 中国 四川省の旅 お土産編 | トップページ | 中国バブル大崩壊目前か! »

2013年1月24日 (木)

人も牛も同じ生き物デス

セシウム、母牛より子牛が高濃度

東京電力福島第1原発事故で、原発から半径20キロ圏内に取り残された牛の内部被ばく調査を進める福本学東北大教授(病理学)らの研究グループが、母牛よりも子牛の方に高濃度の放射性セシウムがたまっていたとの研究結果をまとめ、23日付の米オンライン科学誌プロスワンに発表した。

福本教授は、「代謝が盛んな子どもの方が、放射性物質がたまりにくいとされるが、見直す必要があるのではないか」と話している。

(共同通信)

453 この記事が正しいのであれば、ワレワレ人間も同じ事が言えるのでは?

ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ

やはり放射性物質に汚染された地域に住まう子供たちは、危険な環境下に暮らしている事になるのでしょう。

ワタシ的に言えば日本全国津々浦々、現時点では同じ環境下に暮らしていると考えるべきです。

測定器を使って計測すれば何処も似たような数値を示します。

食品だって流通が進んだ今、遠く離れていても汚染食材を食べてしまうなんて事も考えられるわけです。

実際、イロイロな流通方法を使って品物は動きますから、汚染が懸念される地域の食材全てを測定して流通経路に乗っているとは考えられません。

日本国内に住まいう以上、ある程度の覚悟をもっておくべきですな。

« 中国 四川省の旅 お土産編 | トップページ | 中国バブル大崩壊目前か! »

原子力事故関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/56611065

この記事へのトラックバック一覧です: 人も牛も同じ生き物デス:

« 中国 四川省の旅 お土産編 | トップページ | 中国バブル大崩壊目前か! »