« _/\○_   ε=\_○ノ イヤッホーゥ! | トップページ | 中国 四川省の旅 1月11日 »

2013年1月16日 (水)

中国には・・・・

航空機の遅延に怒り狂う中国人乗客、旅行業界は警戒すべし―豪紙

2013年1月13日、オーストラリアのシドニー・モーニング・ヘラルド紙は「多発する中国人乗客による空港トラブル」と題した記事を掲載した。14日付で環球時報が伝えた。

中国では航空機の遅延に怒った乗客によるトラブルが多発している。このため中国向けのパッケージツアーを企画しているシドニーの旅行会社は、中国で航空機の遅延が発生した場合、混乱を避けるために他の航空会社を利用することで対応している。

フライトの遅延やキャンセルが頻繁に発生する中国では、これに怒った乗客が暴れて事件に発展するケースが多い。雲南省の昆明空港で最近発生した事件は、濃霧のため航空機の出発が遅れたことに腹を立てた中国人乗客らが空港係員を激しく非難。さらに空港設備を破壊するなど暴れたため、警官が出動する騒ぎに発展した。

昨年、遅延に怒った中国人乗客が上海の空港の滑走路に進入し、エミレーツ航空機の離陸を妨害する事件が発生した。豪ジェットスター航空のフライトスケジュール変更に怒った中国人乗客が機長を6時間以上も拘束する事件も起きている。

オーストラリア国際パイロット協会のバリー・ジャクソン会長は「世界最多の人口を有し、世界最速の発展を遂げた中国だが、わずか1万4700機の旅客機しか飛んでいない。

飛行空域の大部分が軍によって抑えられ、民間航空機の活動が制限されていることも問題だ。昨年、中国人乗客が起こした一連の事件を中国政府は重く見ているが、われわれも強い関心を抱いている」と述べた。

豪州の旅行業界にとって中国は2番目に大きい市場であり、昨年は57万3000人の中国人観光客が豪州を訪れた。このため業界関係者は「中国人が豪州の空港でも怒りにまかせて暴れ出すのではないか」と懸念を示している。

(Record  China)

昨日まで中国四川省に行って来たのデス。

その時に思った似たような事が記事にも書いてあったのでコメントしておきます。

今回はSFCを取得する為にビジネスクラスで往復したのです。

往路はANA。

復路は中国国際航空。

帰りの成都空港でのチェックインの時の事。

Ncm_0262 チェックインにはエリア(エコノミーチェックインとビジネスチェックイン)の2箇所あるのですが、中国人は空いているほうに集まる為、いくら係員が「エコノミーはこちらのカウンターです!!」と怒鳴っても聞く耳持たず。

手続きが出来るまで、その場を離れようとしないのです。

おかげですぐチェックインできる所が、30分近くかかってしまいました。

中国の民度ってのをリアルに感じた出来事でございます。

中国は大好きなんだけど、大嫌いな面もあるのです・・・・・。

« _/\○_   ε=\_○ノ イヤッホーゥ! | トップページ | 中国 四川省の旅 1月11日 »

中国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/56554868

この記事へのトラックバック一覧です: 中国には・・・・:

« _/\○_   ε=\_○ノ イヤッホーゥ! | トップページ | 中国 四川省の旅 1月11日 »