« 除染ねぇ~ | トップページ | 結局の所、アベも言うだけ番長やね »

2013年1月 5日 (土)

朽ち果てていくお墓はよいものだ

Ncm_0128 今年の元旦に墓参りした時に撮った、ワタシの家のお墓の門柱です。

父親が亡くなった時に建てたので、かれこれ10年近くになります。

家紋を浮き出し仕上げにして、回りはブラストで凹ましてあります。

使った石はもちろんワタシの会社の山で採れる真壁石青小目『極青』でございます。

石碑・外柵ともにシンプル。(ワタシの一番好きなお墓のスタイルです)

10年の月日を経て、お墓としての風格が出てきたように感じます。

建てたばかりのお墓は、どれも清清しく良いモンです。

しかし、問題はその後なんですよね。

月日を経ていくにしたがって、お墓としての風格が出てくるのかどうか。

お墓の大小ではないんです。

今どき流行りの中国製を中心としたのデザイン優先墓石ってのには、建てたその時には凝ったデザインで一見良さ気に見えますが、時間の経過とともに石が死んでいってしまうのです。

その点、お墓としての石そのもの素材を生かしたシンプルかつ日本の石を使った墓石には、経年とともに味わいが増すんでございますよ。

「侘び寂び」とでも申しましょうか・・・。

「侘び寂び」を感じながら、長い時間とともに朽ち果てていくお墓。

今ここにある『私』は、朽ち果てていくお墓の中に眠る先祖がいての事。

そういった想いでお墓参りをされるとよろしいかと思いますよ。

« 除染ねぇ~ | トップページ | 結局の所、アベも言うだけ番長やね »

独り言」カテゴリの記事

コメント

謹啓、嘗て海洋国家としてローマとポエニ戦争で

戦い敗れたカルタゴの墓地を拝見しましたが200

0年の風雨を経ても印字がのこり本物の凄みを見

せ付けられ感動致しました。simple is bestで素晴

らしいお墓を魅せて頂きました。敬具

さすがにプロのおっしゃる含蓄あるお言葉。

その通りと感じ入りました。

>高貴なる野蛮人 さま

シンプルながら風格のあるお墓ってモンは、凄みすら感じるんですよね。


>逃げられない日本人 さま

含蓄というか、あたりまえの事なんですよね。
その当たり前の事さえ、金儲けに目のくらんだ業者が変えてしまっているのです。、

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/56472822

この記事へのトラックバック一覧です: 朽ち果てていくお墓はよいものだ:

« 除染ねぇ~ | トップページ | 結局の所、アベも言うだけ番長やね »