« 中国 四川省の旅 1月13日 夕食編 | トップページ | 中国 四川省の旅 1月14日 夕食編 »

2013年1月18日 (金)

中国 四川省の旅 1月14日 観光編

Ncm_0210 14日は今回の旅行のメイン。

峨眉山登山&金頂華蔵寺詣でございます。

成都や宜浜(イーピン)からは高速を使い2時間で山の麓に到着です。

そこからは指定されたマイクロバスか個人単位での指定の車を使い、約1時間かけて登山口まで向かいます。

Ncm_0218 凍りついた山道をレンタルスパイクを靴につけて登ります。

途中、ロープウェイを使いショートカットしましたが、普通の季節には全工程を歩く人が多いようです。

3000メートルを超える峨眉山に到着して少し歩くと、見えてきました!!

Ncm_0226 これぞエル・ドラードか!!!

黄金に輝く普賢菩薩のお出ましでございます。

その巨大さに圧倒!

どうやってここに資材を運び建築したのか???

Ncm_0233 そこの一番奥にある峨眉山金頂華蔵寺にて般若心経を唱えて参拝。

中国人にとっては訳のわからぬお経を唱え始まったので、「何だ?何だ??」って感じで、好奇の目で見られてしまったようです。

霧に包まれている時が多かったのですが、時々霧の合間に太陽が姿を現し、黄金に輝く仏塔が光り輝くのでございます。

Ncm_0246そしてまた、霧の晴れ間に遠くに仏塔が見えたりして、是まさに桃源郷か!!と思わせる風景でございましたな。

しかし、3000メートルを超える山頂なので、空気が薄いようで少し早足で歩いたりすると息切れしてしまい、心臓がドキドキしてしまいます。

中国人の友人は軽い高山病っぽくなり、頭が痛いと言っていました。

Ncm_0252 下山にはどうにも息切れしてしまうので、「かご」を頼み下山。

ワタシのようなメタボでも文句ひとつ言わず乗せてくれたのには感謝でございます。

写真の通り氷の道。

1時間近くかけて下山するのです。

ここでたっぷり1日を費やし、夜9時過ぎに成都に戻りました。

« 中国 四川省の旅 1月13日 夕食編 | トップページ | 中国 四川省の旅 1月14日 夕食編 »

中国」カテゴリの記事

コメント

さすが迫力ある3000と輝く菩薩様ですね。

3000メートル越えの山頂で燦然と輝く菩薩像でございますな。笑

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/56569380

この記事へのトラックバック一覧です: 中国 四川省の旅 1月14日 観光編:

« 中国 四川省の旅 1月13日 夕食編 | トップページ | 中国 四川省の旅 1月14日 夕食編 »