« 信用を落とすのは一瞬デス | トップページ | ANA SFC プラチナ画面にならないって事はサビシイねぇ~ »

2013年2月27日 (水)

TPPと農業

首相「国益にかなう最善の道を早く判断」 高い支持率…中央突破狙う

 安倍晋三首相は、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)の交渉参加に向け、自民党内の説得を続けるとともに、高い内閣支持率を背景に中央突破を図る構えだ。これに対し、自民党内では26日も、農業関係議員を中心にTPP反対の声が続出した。ただ、反対一辺倒から条件闘争へと軸足を移す動きもみられてきた。

 「国益にかなう最善の道を早く判断したい」

 首相は26日、日本経済再生本部(本部長・首相)でTPP交渉参加への決意を訴えた。訪米から帰国した翌日の25日には、自民党役員会で、交渉参加の是非を含めた判断時期の一任を取り付けた。

 26日の参院予算委員会では、参院選の農業票に直結する全国農業協同組合中央会(JA全中)が「日米首脳会談の結果は聖域なき関税撤廃を前提にしたものだ」と反発していることにも、「政権公約を違えることにはなっていないと確信している」と意に介さない姿勢を強調した。

 自民党では26日、反対・賛成の両派が党本部で会合を開いた。

 「国民的な議論が先だ。一任はおかしい!」

 「TPP参加の即時撤回を求める会」(森山裕会長)の会合には約150人が参加し、「首相一任」に異論が相次いだ。

 衆院初当選組の中村裕之氏は、地元の農協幹部から「あんた方を衆院選で勝たせたが失敗だった。参院選は対応を考える」と、露骨に圧力をかけられている実情を報告した。ベテランからは、首相一任への反対決議や両院議員総会の開催を求める意見が飛び出した。

 与党時代の民主党の「決められない政治」をほうふつさせるような場面となり、森山氏が「党内対立の構図を見せれば国民から批判を受ける。首相は党の意見を聞くと言っている」と述べ、出席者に冷静な対応を呼びかけたほどだ。

 もっとも、反対派には交渉参加阻止に向けた妙案が見つからない。しかも、反対の最大の理由は参院選の勝敗に直結する農業票を失うことへの恐れだが、7割もある内閣支持率を前にTPP反対の矛先を首相に向けるわけにもいかない。

 「交渉で取れるものを取っていく」

 首相は24日から反対派への電話攻勢に出て、TPP交渉への理解を求めた。反対派幹部の一人は、突然の首相からの電話に「最後は首相のご判断で…」と恐縮するしかなかった。

 反対派は例外品目を確保するための条件闘争に備え、党の衆院選公約を具体化した文書「TPPに関して守り抜くべき国益」をまとめている。26日の農林水産関係の合同部会では、小里泰弘農林部会長が「決して全面的な首相一任ではない。国益をどう守り抜くか明確な方針を示してもらう」と訴えた。

 一方、賛成派による「環太平洋経済連携に関する研究会」は勉強会を開催。川口順子共同代表は記者団に「外交は政府の専権事項だ。交渉を早く開始しないと国益が守れない」と述べた。

(産経ニュース)

今のニッポンにとって、TPP参加と農業に絡む問題は大問題なのだと思います。

この大問題ってのはワタシの考える消費者サイドの大問題であって、一般的に言われている大問題とはチト違うかもしれません。

今のニッポンにとって、どちらを選択するって事が無理に近いと思ったりしています。

これから世の中、不安定になってくのは目に見えて明らかなのです。

31 戦中戦後の混乱期、庶民生活の中で立ち居地が上だったのが農家の方々でしたね。

食料買出しや高価な着物で米や芋を農家から分けてもらっていた・・・・なんて話はよく聞くところでしょう。

国内が混乱すると、まず『食う事』が優先されて農家の方々に頼る部分は非常に大きくなります。

ニッポン農業はしっかりと守らねばならないのデス。

しか~し!!

今のニッポンには原発事故問題、今後の原発事故処理問題が重く圧し掛かっているのデス。

今でも東北や関東を中心に放射性物質の基準超えの汚染食品(農産物や畜産物、魚介類など)で出荷中止や自粛が相次いでいます。

8777 今後何十年、何百年と放射性物質の汚染食品に脅えながら、生活していかなければならないワレワレ日本人。

事故処理の行方によっては汚染地域が広がる事も考えられます。

そういった状況下のニッポンで、世界からの食料品輸入に道を開かなくても大丈夫なん???と思ってしまうのです。

ニッポンにとってはどちらを選んでも地獄。

安倍川餅の落としドコロに注目しているワタシでございます。

« 信用を落とすのは一瞬デス | トップページ | ANA SFC プラチナ画面にならないって事はサビシイねぇ~ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/56849529

この記事へのトラックバック一覧です: TPPと農業:

« 信用を落とすのは一瞬デス | トップページ | ANA SFC プラチナ画面にならないって事はサビシイねぇ~ »