« さぁてと寝るか・・・ | トップページ | アナタの工場に職人は戻ってくるのか?(中国) »

2013年2月18日 (月)

連帯保証人には朗報か?

<法制審>個人保証原則認めず 中小企業融資で民法改正検討

 銀行や貸金業者が中小企業などに融資する際に求めてきた個人保証について、法制審議会(法相の諮問機関)が原則として認めないとする民法改正案を本格的に検討することが分かった。

個人保証は事業者の資金調達を容易にする半面、善意で保証人を引き受けた人が高額の請求を受け、自己破産や自殺に追いやられる悲劇も生んできた。

検討通りの民法改正が実現すれば、長年の慣行が根本から見直されることになる。

 法制審は09年、明治時代にできた民法の契約・債権分野を今の時代に合ったものに改めるよう、当時の千葉景子法相から諮問され、専門部会を設けた。

個人保証を原則無効とする改正案は近く部会がまとめる中間試案に盛り込まれる見通しで、事務局の法務省民事局は試案を最終案までの「7~8合目」と位置づけている。

 部会では個人保証の中でも、経営者本人が会社の債務を保証する「経営者保証」は例外として認める案が検討されている。

ただし、会社の返済が滞り経営者が貸手から裁判を起こされた場合、裁判所が経営者の支払い能力などを考慮して保証債務を減免できる救済制度の新設などを考える。

==中略==

 また、保証契約の成立後も(1)保証人の問い合わせに応じて借り手の債務残高を伝える(2)借り手の支払いが遅れた際はできるだけ速やかに保証人に知らせる--などの情報開示を義務付け、怠っていた間の遅延損害金は受け取れないような仕組みも検討される見込み。

==後略==

 ◇個人保証

 中小企業などが融資を受ける時に「会社が返済できなくなったら代わりに自分が返す」と、個人が貸手に約束すること。経営者自身や家族、親類、友人が保証人になることが多い。ほとんどのケースは、保証人が債務者と同じ立場で無条件で請求に応じなければならない「連帯保証」となっている。

(毎日新聞)

ワタシの知人にも、仕事が絡んだ親戚の会社の連帯保証人になって数年後、その親戚の会社が倒産し連帯保証人としての金銭返済で、自分の会社まで無くしてしまったのがおりましたなぁ。

昔からの連帯保証人のイメージと言えば、『先がコケたら自分も自滅する』のが常識でしたからネェ~。

自分には何の関係もないところの借金で自分が自滅するなんて・・・・・。というのでしょうが甘い!!

連帯保守人になるって事は、その時点でその会社と心中を覚悟するって事でしょう。

もしくは連帯保証人として引き受けた金額が、”万が一の事があってもワタシが返済します””出来ます”って事なんでしょう?

昔から『連帯保証人の印鑑は絶対に押しちゃぁイカン』と言われてきたモンですよ。

今回の事案が成立すれば、企業としての借り入れはしやすくなるでしょう。

201 ワタシが心配するのは、そのシステムを悪用する輩がたくさん出てきやしないか?という事なんですよ。

そういった悪を思いつく輩は、この世にウヨウヨいますからねぇ~

« さぁてと寝るか・・・ | トップページ | アナタの工場に職人は戻ってくるのか?(中国) »

独り言」カテゴリの記事

コメント

謹啓、Kー1が負債総額30億円で倒産、全日本プロレスも計画倒産致しました。石岡市では借りるだけ借りて自己破産し生活保護を申請する不届き者が続出し借りてのモラルハザードを招いております。『眼ん玉売れ、腎臓売れ」で問題になった商工ローンは保証人を自殺に追い込み呪われた日栄と商工ファンドは経営破綻致しました。敬具

>高貴なる野蛮人 さま

おはようございます。

金銭に絡むモラルハザードって感じでしょうか。

借金返済にあたっては、貸したほうが威張ってたりするんだから、おかしな世の中でございますよ。
(コレ親戚の話)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/56790144

この記事へのトラックバック一覧です: 連帯保証人には朗報か?:

« さぁてと寝るか・・・ | トップページ | アナタの工場に職人は戻ってくるのか?(中国) »