« TPP&NOHGYO | トップページ | ニッポンのリアルタイムの地震波を音声で聞いてみる »

2013年3月17日 (日)

キプロス、大丈夫なん?

キプロス(9.9%の預金課税)

ユーロ圏がキプロスに100億ユーロ(1兆2500億円)を支援する条件として、キプロスの銀行預金に対して、
6.75%(10万ユーロ以下:1250万円以下)、9.9%(10万ユーロ以上・1250万円以上)を懲罰的課税をするとし、土曜日付けの預金に対して即日課税を実施しており、すでに預金からこの課税分が差し押さえされています。

これで、ギリシャ・スペイン・イタリアの預金がどうなるか?
そして、週明けのキプロスでは銀行への取り付け騒ぎが起こり、大混乱が起こるかも知れません。

これが先日指摘しました【ブラックスワン】になるのかどうか。

キプロスの国民がどのような反応を示すか、週明け世界中が注目することになります。


キプロス預金封鎖

キプロスで土曜日付けで預金封鎖が行われ、世界中から高金利で集められていました預金が引き出せない事態になっており、更には既報の通り、預金課税となっており、預金封鎖が解除された場合、解約が殺到するのではないかという見方もあり、世界中の金融当局は注目しています。

特に、支援が行われたギリシャでは、「まだ」預金課税が行われておらず、今後預金課税が行われるという見方が強まれば、国民は一斉にユーロ預金を引き出すことになり、この動きがスペイン、ポルトガル、イタリアに波及すれば、ユーロ金融システムは一瞬にして凍りつきます。

このキプロスの預金課税・預金封鎖は、全く想定されていなかった事態ですが、金融市場では既報の「ブラックスワン」という隠語が使われていましたので、今回のキプロスの預金課税・預金封鎖を想定していたのかも知れません。

リーマンショック前にもこの「ブラックスワン」が登場しており、果たして今回の「ブラックスワン」がキプロス問題なのか、それとも今後このキプロス問題から派生するほかの金融問題なのか今はわかりませんが、楽観論に乗って株式・為替・に投資をしてきた投資家は、今後の展開次第では壊滅的打撃を受けることになります。

既にこのキプロス問題で、現預金から現物資産への逃避を加速させる動きが出てきていると言われており、
スイスのあるプライベートバンカーは、大口顧客の要請で緊急にスイス・ジュネーヴからロンドン・ニースの顧客のところに飛び、話し合いをしたようです。
(Nevada)
キプロスって、さほど大きな国ではなかったと思うのですが、金融が荒れてきているようです。
水面上では平穏に見える世界金融情勢ですが、水面下ではいつ金融危機が起こってもおかしくない国がたくさんあります。
金融の信用は一瞬で変化しますから、この先どうなります事やら・・・・・。
21

« TPP&NOHGYO | トップページ | ニッポンのリアルタイムの地震波を音声で聞いてみる »

金融危機」カテゴリの記事

コメント

謹啓、南欧の小国の金融危機は対岸の火事ではありません。日本国はユーロ加入のマーストリヒト条約で規定された財政赤字は国内総生産の3%以内、公的債務は160%以内という条件から大きく逸脱し何時、国債が暴落し金利が高騰するか予測不能です。只、丹羽雄哉氏の御託宣では預金封鎖は実行不能でインフレーションタックスなる形で債務を軽減する選択肢が一番濃厚な模様です。敬具

>高貴なる野蛮人 さま

おはようございます~

ニッポンで預金封鎖なんて事になったら、パニックになるでしょうからインフレーションタックスってせんに落ち着くのでしょうね。

それでも暴動が起きるくらいの衝撃が走るでしょう。

今のニッポンは、国家が何でもしてくれると思い込んでいる国民が多いでしょうから。

今朝一番の為替、金先物、大きめに動きましたね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/56973576

この記事へのトラックバック一覧です: キプロス、大丈夫なん?:

« TPP&NOHGYO | トップページ | ニッポンのリアルタイムの地震波を音声で聞いてみる »