« 安倍川餅『世界一』と吠える! | トップページ | 真壁のひなまつり、祭りのあとに思う »

2013年3月 2日 (土)

小浜、ナイアガラの縁に立つ

米歳出強制削減は瀬戸際での回避ならず、金融市場反応薄

[ワシントン 1日 ロイター]

オバマ米大統領は1日、この日が発動期限となる歳出の強制削減問題をめぐり、ホワイトハウスで議会指導者と会談したが、事態を打開することはできなかった。

大統領は会談後の記者会見で、発動を回避できなかった責任は共和党にあると批判し、影響は中間層や米経済全般に及ぶとの見方を示した。

土壇場での発動回避が実現しなかったことを受け、大統領は法定に従い、午前零時までに政府機関に対し歳出削減を指示する必要がある。

大統領は「削減が実施されても、決して景気回復の腰を折らないよう、全米の国民は懸命に働くだろう。だが議会が状況を困難にしているのは確かだ」とした。

合計850億ドルの強制削減は、翌2日から10月1日の7カ月間かけて実施される。ただ民主・共和両党が削減策で合意に達すればいつでも停止することが可能。

大統領は「誰もが削減の痛みをすぐに感じるわけではない。だがその痛みは現実のものだ。今週から多くの中間層の生活が著しく阻害されるだろう」と指摘。「われわれはこれを乗り切る。世の終末ではない」と述べた。

また、一斉削減の発動後も引き続き歩み寄りを模索するとしている。

ただこれまでのところ、金融市場への影響は限定的だ。米株価は2月の米ISM(供給管理協会)製造業景気指数が2011年6月以来の高水準となったことを受け、当初の下げから切り返し、中盤の取引ではプラス圏で推移している。

歳出の強制削減をめぐる協議では、主に富裕層や大企業向けの税の抜け穴封じを通じた歳入増を盛り込むべきとする民主党と、増税に断固反対する共和党の主張が最後まで折り合わなかった。

共和党のベイナー下院議長は、オバマ大統領と議会指導部の会合に出席後、「歳入に関する議論は終了しているというのが私の考えだ。問題は歳出への対処だ」と述べ、増税による歳入押し上げは選択肢にないと言明した。

また、9月末までの暫定予算案を下院で採決する考えを示し、「政府機関が閉鎖に追い込まれる事態に対処しなくて済むことを望む」と述べた。

政府機関の閉鎖を回避するためには、現在の暫定予算が切れる3月27日までに9月末までの予算案を可決する必要がある。

89ニッポン人憧れのアメリカ、歳出の強制削減ですか・・・・。

とうとう来る時が来たって感じですかな。

早かれ遅かれ、現在の紙幣中心の世界は終わるんですがね。

アメリカ×

EU×

であって、

中国バブルも限界で×

そうなればアジアンも×

当然ニッポンも×

498紙幣なんて所詮、紙。

その国家の信用が無くなれば、ただの紙。

トイレットペーパーと同じ紙ですわ。

週明けの金融動向はどうなるんざんしょ。

こりゃぁ~ワレワレに残された時間はそう沢山ないんじゃぁないの???

ミナの衆、急ぐのじゃぁ~

« 安倍川餅『世界一』と吠える! | トップページ | 真壁のひなまつり、祭りのあとに思う »

金融危機」カテゴリの記事

コメント

謹啓、国家の信用に裏付けられた紙幣や国債の信任が揺らぎ始めて居ります。将来の税収見込みを当てにして浪費財政を重ねた副作用が露呈して参りました。最悪の場合日米同時破産、世界恐慌、国際紛争の勃発が案じられます。敬具

>高貴なる野蛮人 さま

不気味な足音がヒタヒタと聞こえる感じがします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/56873305

この記事へのトラックバック一覧です: 小浜、ナイアガラの縁に立つ:

« 安倍川餅『世界一』と吠える! | トップページ | 真壁のひなまつり、祭りのあとに思う »