« 大佛師 松本明慶仏像彫刻展に行ってきた | トップページ | 自分の人生だもの »

2013年4月27日 (土)

中国が尖閣を獲りにやってくる

尖閣に中国軍機が40機超飛来 「前代未聞の威嚇」 空自パイロットの疲弊狙う

 尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺の日本領海に中国の海洋監視船「海監」8隻が侵入した23日、中国軍の戦闘機など軍用機が40機以上、尖閣周辺に飛来していたことが分かった。複数の政府高官が26日、明らかにした。軍用機は戦闘機が大半で、新型のSu27とSu30を投入。航空自衛隊の戦闘機パイロットの疲弊を狙って絶え間なく押し寄せた。政府高官は「前代未聞の威嚇だ」と指摘している。

 政府は、中国軍機の威嚇飛行について、海監の領海侵入と連動していたと分析している。海上保安庁の警備態勢や海上自衛隊の護衛艦、P3C哨戒機の配置を軍用機が上空から情報収集し、海監に伝える狙いもあったとみられる。

 海監8隻は23日午前7時23分ごろから8時25分ごろにかけ、尖閣周辺の海域で相次ぎ領海に入った。うち1隻は尖閣諸島の魚釣島の北西約1キロまで近づいた。8隻は同日午後7時半ごろまでに領海を出た。

 領海侵入を始めた頃、戦闘機など軍用機も尖閣周辺に飛来し始めた。入れ代わり立ち代わり尖閣周辺上空に接近し、その都度、航空自衛隊那覇基地のF15戦闘機などが緊急発進(スクランブル)で対処。飛来してきた中国軍機は延べ40機以上に上った。

 新型の戦闘機を投入してきたのも特徴。これまで尖閣周辺での威嚇飛行はJ10が大半だったが、今回はSu27とSu30を多数投入してきた。3機種とも各国の主流である「第4世代戦闘機」だが、Su27とSu30は戦闘能力などでJ10を大きく上回る。

 空自のF15、F2の4世代機は計約300機なのに対し、中国軍は560機以上を保有。別の高官は「今回のような威嚇飛行が続けば、空自側が対処しきれなくなる恐れもある」との懸念を示した。

(産経ニュース)

以前からワタシが指摘しているように、中国の尖閣に対する行動がエスカレートしてきました。

『核心的利益』発言からもわかるように、中国は必ず尖閣を獲りにやってきます。

中国が他国に対して『核心的利益』発言をしている国は何カ国かありますが、平和ボケのトップにあるのがニッポンでございます。

22155国家間の問題と経済は別だなんて言っている御仁もいるようですが、それでいいのか!?!?

ここまでナメられて中国との経済交流(貿易)を優先するんですか???

大体やね、中国が常任理事国って事からして世界のシステムが間違ってるわな。

中国に進出している日本企業は中国を潤わせて、ニッポン国内を疲弊させてるんですよね。

自分だけ(企業)が良ければニッポン国内などうなろうと関係ない・・・・といった考えなんでしょうよ。

ワレワレ庶民も確かに中国製は安いよ、しかし、それを買えば買うほど中国を潤わせ、自分の国が滅んでいくんだという事を認識してもイイかと思いますな。

そろそろニッポン(国家も人)も自分の事を考え直す時が来ていると思いますよ。

« 大佛師 松本明慶仏像彫刻展に行ってきた | トップページ | 自分の人生だもの »

中国」カテゴリの記事

コメント

謹啓、馬鹿は死んでも直りません。ダイソーやユニクロで購入するのは利敵行為だと解っていても短期的利益に拘り買って自分の頚を締める愚かさに気付いて居りません。嘗てファーストリティリングの株主であったから存じておりますが薄利多売でなく多利多売で役員報酬が高い一方で社員を酷使する経営方針に愛想が尽きました。敬具

>高貴なる野蛮人 さま

中国にどれだけ投資したって、事が起これば中国にある物は全て中国の物という法律が中国にはありますよね。

数年もしない近いうちに邦人国外退去の通達があってもおかしくない状況になってきています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/57259337

この記事へのトラックバック一覧です: 中国が尖閣を獲りにやってくる:

« 大佛師 松本明慶仏像彫刻展に行ってきた | トップページ | 自分の人生だもの »