« 今度は中国四川省で大地震がぁ~ | トップページ | 富山には愛がある »

2013年4月21日 (日)

今は戦争の出来ない世紀なのデス

「日本に核兵器使わない」=異例の具体的国名言及―中国高官

【ジュネーブ時事】

中国外務省の※(※=マダレに龍)森軍縮局長は19日、ジュネーブの国連欧州本部で「日本に対し核兵器は絶対に使わない」と述べた。

中国は核兵器を先制使用しない政策を掲げているが、政府高官が具体的な国名に言及するのは異例。

核兵器のない地域で「いかなる状況下でも中国は核兵器を使わない」と強調した。

北朝鮮問題については「相互信頼の欠如が最大の課題」と指摘。

対立激化が「危機をあおる悪循環をもたらす。

関係国は膝を交え対話すべきだ」と訴えた。

いかなる状況下でも中国は核兵器を使わない→×

いかなる状況下でも中国は核兵器を使えない→○

コレが正解。

237核がなくとも原発を通常兵器で攻撃すればアウトでございます。

原発を持っている国は全てそう。

だから今の世紀は戦争の出来ない世紀なのデス。

それに加え中国は巨大施設があり過ぎる。

例えば三峡ダム。

三峡ダムが決壊したら中国はアウトです。

場合によっては億単位の犠牲者が出るともいわれています。

そういった事を考えても、真っ先に中国は戦争が出来ない国なのデス。

以前の戦争の世紀とは違うのデス。

« 今度は中国四川省で大地震がぁ~ | トップページ | 富山には愛がある »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

謹啓、食料や資源の枯渇から戦争しても割の合わない時代です。祖父は「戦争とは殺戮と破壊を前提とした投機である。勝てば領土、賠償金を得て占領した民を奴隷化出来る野蛮人の愚行だ」と強調しておりました。中国では死刑囚から臓器を摘出し臓器移植を増やして居り外貨獲得の手段となり医療産業化しております。敬具

各国の状況からすると戦争などできない時代ですが、人間という生き物の頭は、愚かな繰り返しをしてしまう動物なので、後先見ずにドンパチに突き進む跳ねっ返りが、勇み足しないことを願うばかりです。

今の中国はまずSARSの時のように、自国で一刻も早く鳥インフルエンザを押さえ込んでほしいものです。

日本国民は放射能汚染という大編隊に毎日日本を空襲されていることに、早く気づく必要あり。
ご機嫌取りながら一触即発状態の原爆不発弾を沢山抱えていることも認識する必要あり。

毎日が首の皮一枚状態ということも。

福島でまた震度4ですか。

建屋…ちゃんと、立っててや!

>高貴なる野蛮人 さま

こんばんわ!

戦争なんて得るものはないはずなんですよ。


>逃げられない日本人 さま

こんばんわ!

人間は過去の痛みを忘れてしまうものなのかもしれませんね。
同じ事ばかり繰り返してる。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/57215831

この記事へのトラックバック一覧です: 今は戦争の出来ない世紀なのデス:

« 今度は中国四川省で大地震がぁ~ | トップページ | 富山には愛がある »