« 中国鳥インフル、北京に飛び火!! | トップページ | 慈悲を無慈悲に変える将軍サマ »

2013年4月14日 (日)

中国の鳥インフル、今度は河南省で!

中国の鳥インフル、感染地域拡大…河南省で2人

中国メディアによると、河南省衛生庁は14日、男性2人が鳥インフルエンザ(H7N9型)に感染したと発表した。

 河南省では初のケース。13日に7歳女児の感染が発表された北京市に続き、上海市周辺の中国東部から他地域へ感染が広がり始めている。中国での感染者は、2市4省で死者11人を含む51人となった。

 新たな感染者2人のうち、河南省開封市の調理師男性(34)は4月6日に発症し、重体。周口市の農業男性(65)はニワトリなど鳥類に接触することが多く、8日に発症、容体は安定しているという。同省当局によると、2人と接触のあった計19人に今のところ健康異常はみられないという。

 一方、中国メディアによると、上海市が13日に感染確認を発表した56歳男性は、52歳の妻も3月27日に発病して4月3日に死亡、翌4日に同型インフルエンザ感染が確認されていた。「人から人」の感染が疑われているが、国家衛生・計画出産委員会などは「判断するには材料がまだ足りない」との見解を示している。

(読売新聞)

145中国の鳥インフルエンザの感染地域が、どんどん拡大しています。

最初の上海周辺から、飛び地の北京。

そして今度は上海から南西方向の飛び地、河南省開封市。

同心円状に感染の拡大傾向が見られます。

中国全土に感染報告が上がってくるのは時間の問題でしょう。

治療にはタミフルが効果があるとの報告がありますが、日本では普通に使っている薬ですが、中国では風邪の症状くらいでは病院にかかる人は少ないと思われます。

よほどの高熱や体力低下などが見られないと、買い薬で済ませてしまうモンです。

病院に行けない貧困層を中心に感染爆発は広がってしまうでしょう。

空港や港湾の検疫の強化をお願いしたいところですな。

ニッポンも本気モードが必要になってきました。

« 中国鳥インフル、北京に飛び火!! | トップページ | 慈悲を無慈悲に変える将軍サマ »

中国」カテゴリの記事

コメント

謹啓、茨城空港に到着する中国人富裕層のマナーは最悪で某ホテルの朝食のバイキング料理を昼食用にビニール袋に詰め込んだりホテルのバスタオルを持ち帰ったりして民族性の違いを痛感させられます。兎に角、14億人の貧富の差が極端で医療の恩恵に与れない内陸部の貧困層はマスクも買えない状況でパンデミックが懸念されます。敬具

>高貴なる野蛮人 さま

中国人のマナー問題。

ワタシも感じた経験が何度もあります。
中国の空港のチェックイン、エコノミーカウンターもビジネスカウンターも関係なし、空いている方に殺到し、酷いのです。

日本の温泉宿、夕食のハーフバイキングで、カニが出てきた途端、中国人宿泊者が殺到し10秒で大皿が空になり・・・・・。

コレ民度の問題でございますな。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/57170094

この記事へのトラックバック一覧です: 中国の鳥インフル、今度は河南省で!:

« 中国鳥インフル、北京に飛び火!! | トップページ | 慈悲を無慈悲に変える将軍サマ »