« SFCがキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! | トップページ | 大佛師 松本明慶仏像彫刻展に行ってきた »

2013年4月27日 (土)

政府に支援を求められる業界は羨ましいわ

燃料高騰に悩むイカ釣り漁船、支援求め一斉休漁

 円安の進行による燃油代の高騰に苦しむ全国のイカ釣り漁船が26日、一斉に休漁に入った。

 イカの生け作りで有名な佐賀県唐津市の

呼子

(

よぶこ

)

漁港では、日が暮れても漁船がずらりと並んだまま。

 県内のイカ釣り漁業者団体の川口

安教

(

やすのり

)

会長(53)は「燃油代高騰で漁師の生活はますます切迫し、もはや死活問題だ」と訴えた。27日までの一斉休漁には、漁が最盛期を迎えた西日本を中心に約1500隻が参加するという。

 水産庁によると、燃油代は今年4月時点で1キロ・リットルあたり9万6600円で、円安が進む政権交代前の昨年11月時点より1万円以上高いという。国は高騰分を穴埋めする基金を作っているが、漁業団体は一層の支援を求めている。

(読売新聞)

今回のタイトルは、けっこう毒の意味も込められております。

燃料代の高騰に苦しむ全国のイカ釣り漁船・・・・・。

アナタ達だけが苦しんでいる訳じゃぁ~ないのよね。

ワタシ達の業界だってそうよ。

山で石を採掘すれば大きな重機に莫大な燃料費がかかり、山から原石を下ろせば大型トラックに燃料がかかる。

工場ではフォークリフトや小さいトラックに燃料がかかり、配達すれば、これまたトラックの燃料費がかかる。

しかも墓石の値段は昭和50年代の価格にまで下がっています。

でも泣きを入れても、ど~にもならないから、絞りきった雑巾をさらに絞るような経費削減で赤字幅の減少に頭を痛めているんですよ。

何かあったら政府に文句を言う。

そして支援、補助金・・・・・。

地元国会議員に泣きを入れ金を引き出す・・・・・。

957 金のない国家政府に金を出させたって、結局は自分達が尻拭い(税金)でございましょうよ。

自分達ならまだいいや。

次の世代に借金を(税金徴収)を押し付け、自分達の世代だけが生活できればいいんか?

チト間違っていると思ふ。

« SFCがキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! | トップページ | 大佛師 松本明慶仏像彫刻展に行ってきた »

独り言」カテゴリの記事

コメント

謹啓、家電エコポイントやエコカー減税等の裁量行政、恣意的な優遇や不公平は結果として先食い需要の反動が参ります。漁を休むのは結果的に消費者に迷惑を掛ける独善的な錯覚です。
誰もが燃料高に苦しんでおり我田引水には同意出来ません。敬具

>高貴なる野蛮人 さま

まさに我田引水でございますな。

自分だけ良ければを追求すると、最後には自分の首を絞めることになります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/57255818

この記事へのトラックバック一覧です: 政府に支援を求められる業界は羨ましいわ:

« SFCがキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! | トップページ | 大佛師 松本明慶仏像彫刻展に行ってきた »