« 不動明王と蓮の花 | トップページ | 金(きん)盗られる »

2013年5月 1日 (水)

お水をちょうだい

水道水ビジネス苦戦…価格競争で撤退・割引も

 「おいしい水道水」をPRするため、北海道内自治体が相次いで参入した「水道水ボトル」の販売事業が低迷している。

 函館市は今月、販売事業から撤退。札幌市は今年に入って大幅値下げに踏み切った。地域のイメージアップにつながる商品だけに、販売を継続する自治体が多いものの、安価なミネラルウオーターなどに押され、苦境に立たされている。(成海隆行、高市由希帆)

 ◆太刀打ちできない 

 道内で早い時期に水道水ボトルの販売に乗り出したのは函館市。水道敷設100周年を記念し、1989年に缶入り水道水「はこだての水」を発売した。2004年度にペットボトル(500ミリ・リットル)に切り替え、年間1~2万本を販売してきたが、この販売量だと収益がほとんどなく、販売を継続する場合は赤字を出す可能性も出てきたことから、製造終了を決定。販売を委託していた市水道サービス協会は今月解散した。函館市の担当者は「最近は国内の大手メーカーや海外産の天然水を使った商品が格安で、とても太刀打ちできなかった」と話す。

 割引に踏み切ったのは札幌市。市水道局が「さっぽろの水」(同)を1箱(24本入り)2000円で販売してきたが、1月に1440円まで値下げした。04年度に販売を開始し、06年度には販売本数が約24万本になったが、その後は減少に転じ、12年度は約11万5000本とピーク時の半分足らず。札幌市の担当者は「札幌市のイメージアップにつながる商品なので、採算ラインのぎりぎりまで値引きしてでも販売本数を増やしたい」と苦しい事情を説明する。

 ◆小樽、旭川も減少 

 05年度から販売されている「小樽の水」(500ミリ・リットル)。08年度の販売量は約15万3000本だったが、12年度は約7万6000本に落ち込んだ。小樽市の担当者は「販売中止は考えていない。観光イベントなどで地道に売っていくしかない」と語る。

 旭川市は07年度から「大雪のしずく あさひかわの水」(同)を販売している。07年度の販売開始時は約12万本で、東日本大震災のあった10年度は約15万1000本に増えたが、12年度は約9万9000本に減った。ペットボトルのパッケージに旭山動物園のペンギンをあしらい、観光客へのアピールに力を入れており、担当者は「今後も販売は続ける」と話す。

 ◆名寄、逆風下の参入 

 一方で、これから水道水ボトルの販売に乗り出す自治体もある。名寄市は6月から、名物のヒマワリをパッケージにした「なよろの水」(500ミリ・リットル)を販売する。同市の担当者は「地場産品の少ない名寄で、商品化できるものを考えた結果、水道水に行き着いた。函館市が販売を終了したことはわかっており、厳しさを感じているが、何とか名寄の水を売り込みたい」と意気込む。

 日本水道協会(東京)は「自治体による水道水販売は地元のPRが主な目的だが、収益が上がらない状態で事業を続けるのは大変だ。人口減少や節水意識の向上で、水道水の利用そのものが縮小傾向にある。自治体の事業は、将来は下火になっていくだろう」と指摘している。

(読売新聞)

世界的に見ればニッポンはキレイな水にあふれておりますな。

ワタシ的に思うのは、何故中国などに水を輸出しないのかなぁ~と思うのですよ。

現時点でも少しは輸出していると思いますが、水道水事業が苦しいなら、もっと海外に売ればいいと思うのですよ。

例えば、中国の膨大な数の富裕層は好んでニッポンの水を買ってくれると思いますよ。

中国大陸はドンドン砂漠化が進み、水質汚染が進み、飲料に適する河川や地下水がほとんどない状況です。

086 事業が苦しい所を見越して、中国資本の事業買収なんて事になったら、今度はニッポンの水資源がピンチになりますわな。

そうなる前にドンドン海外に出て商売したらヨロシ。

今は辛いかもしれませんが、数年もしないうちに『水』が脚光を浴びると思いますよ。

« 不動明王と蓮の花 | トップページ | 金(きん)盗られる »

独り言」カテゴリの記事

コメント

謹啓、香港でも上海でも水道水は飲めずミネラルウォーターを飲むように添乗員から指示されました。世界的な異常気象、旱魃で水は貴重な資源と為ります。私の年少時には霞ヶ浦の桃浦湖水浴場で湖水浴しましたが現在はヘドロ塗れで隔世の感が御座います。敬具

>高貴なる野蛮人 さま

おはようございます~

これからの時代は水資源ってのも大切なキーワードになると思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/57285672

この記事へのトラックバック一覧です: お水をちょうだい:

« 不動明王と蓮の花 | トップページ | 金(きん)盗られる »