« 鬱には信仰心ねぇ~ | トップページ | 億り人ね »

2013年5月 7日 (火)

コレからもっとうるさくなるな・・韓国

ウォン高で現代自動車“失速” 圧倒的シェア誇る韓国でも「逆転現象」

韓国の自動車最大手、現代自動車が“失速”している。

通貨高(ウォン高)で海外販売に急ブレーキがかかり、韓国国内ではトヨタ自動車など輸入車が存在感を増し始め、その牙城が揺らぐ。

販売面以外でも、米国では燃費表示の水増しが発覚したほか、大規模リコール(無償回収・修理)を実施。

サムスン電子と並び韓国経済を代表する現代自動車だが、ウォン高が進むにつれて糊塗(こと)された実力以上の販売力、技術力がはげ落ちかけている。

(中略)

韓国の聯合ニュースによると、現代自動車が4月25日に発表した2013年1~3月期連結決算は、本業のもうけを示す営業利益が前年同期比10・7%減の1兆8685億ウォン(約1667億円)、最終利益が14・9%減の2兆878億ウォンと2けた減益に落ち込んだ。

「米国など海外販売の減少と、韓国での状況は分けて考える必要がある」。

ある関係者は前置きした上で、現代自動車の失速をこう解説する。

「海外では新車投入が一巡したことなどが販売鈍化の理由とされるが、何といっても最大の要因はウォン高だろう」。

韓国政府は公式に認めていないものの、家電や自動車など輸出産業を後押しするため、同国が為替介入を続け、ウォン相場に安値に誘導してきた。

サムスン電子も、LG電子も、そして現代自動車もウォン安を武器に、世界中で他国のライバル企業よりも“安値”の家電、自動車を売りまくってシェアを高めてきた。

しかし、昨夏以降、ウォン安が修正され、相場が高騰すると、価格競争力は低下。

1~3月はウォン高・ドル安が一服したが、対円については高止まりしており、“為替マジック”の効力がなくなるとともに、現代自動車の販売台数はじわじわと減りつつある。

(中略)

「ウォン安だから売れているわけではない」。

韓国企業の経営者は、常にこう言い続けてきた。

だが、韓国製品を買った消費者の大半は、性能以上に、ウォン安による低価格が購入の大きな決め手となったのは間違いない。

ウォン高が進み、成長神話に陰りが出てきた現代自動車。ウォン相場に価格が左右されず、低価格という武器が通用しない自国の韓国では、トヨタやBMWが売れ始め、すでに現代自動車の“メッキ”ははがれつつあるのかもしれない。

ウォン相場とは関係なく、現代自動車が再び走り始める日は来るのか…。

(産経新聞)

ウォン高で韓国経済も大変なようでございますなぁ~

自国が大変になってくると、ニッポンへの風当たりを強くするのが韓国でございます。

コレから韓国の日本へのイチャモンが増えてくるのでしょうね。

123 ニッポンもそうですが、為替の影響で企業業績が決まってくるなんて会社は甘すぎるのデス。

そういった会社に多く見られるのは国家頼り。

国の政策にすがっている傾向が強いですな。

(コレ、あくまでワタシの感じ方デス)

為替がどうあろうと仕事が舞い込む会社がホンモノなのではいのでしょうかね。

ワタスはそう思ふ。

« 鬱には信仰心ねぇ~ | トップページ | 億り人ね »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/57331777

この記事へのトラックバック一覧です: コレからもっとうるさくなるな・・韓国:

« 鬱には信仰心ねぇ~ | トップページ | 億り人ね »