« 金融が荒れとる | トップページ | 今年は雨乞いの儀式が必要か? »

2013年6月13日 (木)

オバマもオバカではなかったようだ

オバマ氏「日米は同盟国、認識を」 中国の新型大国論、会談時に牽制

 オバマ米大統領が7、8両日に米カリフォルニア州で行われた米中首脳会談で「まず中国側は、日本が米国の同盟国であることを認識する必要がある」と発言していたことが12日、分かった。習近平国家主席が尖閣諸島(沖縄県石垣市)の領有権を主張し、歴史問題について自説を繰り返したのに対し、オバマ氏が同盟関係に言及して強くくぎを刺し、日本への軍事的挑戦は認めないという立場を改めて表明した形だ。複数の政府高官が明らかにした。

 また、オバマ氏が会談で「米国は、日本と日本の民主主義を完全に信頼している。日本は成熟した民主主義国だ」と述べたことも判明した。習氏が「太平洋には米中という2つの大国を収めるに足りる十分な空間が存在する」と述べるなど、米中が共存・共栄する「新型大国関係」の意義を説いたのに対し、オバマ氏は民主主義、人権などの価値観を共有する日本への信頼感を強調することで牽制(けんせい)したものとみられる。

===後略===

(産経ニュース)

オバマもオバカではなかったようですな。

中国は赤い国。

アメリカは昔の赤ソ連の経験で、赤い国家がどんな国家なのか十分に理解しているはず。

西と東が心の底から信頼し会える国家になるってこと自体無理なんですわな。

しかもニッポンはアメリカのポチ国家。

飼いならしたポチを捨てる訳がございませんでしょ。

今回の米中会談はオバマに軍配が上がったってところでしょうか・・・・・。

でも、中国のニュースでは「アメリカと対等な国家になった!」と大騒ぎなんでしょうな。

8777

« 金融が荒れとる | トップページ | 今年は雨乞いの儀式が必要か? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

自由主義国家アメリカが今の共産主義国家中国と心底信頼関係を築くことはないでしょう。

その点アメリカとイギリスは信頼関係強いなと感じます。

日本は?

>逃げられない日本人 さま

同じ時間帯の投稿でございますか?笑

今日も蒸し暑くなりそうですね。

以心伝心と申しましょうか。

日本列島猛暑の中、熱中症にお気をつけ下さい。

ほんとは日本列島猛省すべきなんですが…。

>逃げられない日本人 さま

この夏は少雨傾向で渇水に注意って事らしいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/57582079

この記事へのトラックバック一覧です: オバマもオバカではなかったようだ:

« 金融が荒れとる | トップページ | 今年は雨乞いの儀式が必要か? »