« 中国金融異変アリ | トップページ | 日本国に不要な人間 »

2013年6月26日 (水)

落ち着くか?中国金融

中国人民銀、必要に応じ銀行に資金供給

[上海 25日 ロイター]

中国人民銀行(中央銀行)は25日、一時的に資金不足に陥った銀行に対し、必要なら資金を供給する考えを示した

既に一部の金融機関に資金を供給したことも明らかにし、短期金融市場の動揺を抑える姿勢を打ち出した。

また人民銀幹部は、市場金利を妥当な水準に誘導する方針を示すとともに、最近のインターバンク市場金利の上昇につながった季節要因は徐々に薄れていくと指摘した。

人民銀は中国の巨大な影の銀行(シャドーバンキング)システムの信用の伸びを抑制したい意向だが、人民銀による流動性のタイト化容認を受け、上海短期金融市場金利は先週、大幅に上昇していた。

人民銀は声明で、銀行に流動性管理の改善をあらためて求めた上で、実体経済を支える銀行に資金を供給すると表明。

「政府の政策に沿って慎重な量とペースで融資を行い、実体経済を支えてきたものの、一時的に資金不足に陥った金融機関に対し、流動性支援を提供する」とした。

また、短期金融市場の全体的な安定維持に向けた流動性管理で困難に直面している機関を支援するため、必要な措置をとる方針も示した。

これより先、人民銀の上海支店副責任者、リン・タオ氏は上海での金融フォーラムの記者会見で、適切な流動性管理によって融資の伸びは妥当な水準に維持されるとの考えを示し、人民銀は流動性を柔軟に管理すると語った。

同氏は「現在のところ、銀行システムの流動性リスクは抑制されている」と指摘した上で、「市場の期待を安定化させ、市場金利を妥当な水準に誘導する」と述べた。

同氏が会見したのは中国市場の引け後だったが、発言に対する期待感から、中国株式市場は引けにかけて急速に下げ幅を縮小していた。

大型株中心で深セン上場銘柄を含む滬深300指数<.CSI300>は一時6%超値下がりしていたが、0.3%安まで下げ渋って引けた。

人民銀の声明を受けて26日の市場が落ち着きを維持するかどうかは不透明だが、短期金融市場トレーダーはハト派的なトーンを歓迎している。

上海の本土系商業銀行のトレーダーは「人民銀が姿勢をやや軟化させたのは明らかだ」と述べ、「流動性ひっ迫はピークを過ぎたようだ」との見方を示した。

シャドーバンキング抑制に向けた人民銀による流動性のタイト化容認を受け、短期金利は先週、大幅に上昇していた。

25日の上海短期金融市場の翌日物レポ金利と7日物レポ金利(加重平均)は依然として高い水準にあるものの、人民銀が資金を吸収しなかったことから、それぞれ5.8%、7.4%に低下した。

ワタシが中国金融を心配するのは、中国には友人・知人がたくさんいるからなのです。

それに加え、中国で金融崩壊なんて事になったら、ニッポンも対岸の火事ではいられません。

だから心配なのです。

ワタシが一番心配してるのは、中国国民が銀行取り付け騒ぎを起こす事です。

745 あの国の人達は、基本 疑心暗鬼。

だから、ちょっとした事で買いだめ騒ぎが頻繁に起こるのです。

それが塩とか食用油なんてレベルだったらまだ可愛いモンですが、お金となったら・・・・・。

モヒャ━━((゜Д゜Uu))━━!!!!!!

想像しただけで鳥肌が立ちますわ。

それが今の中国の携帯事情ですよ。

もの凄い勢いで中国全土を「取り付け騒ぎ」情報が駆け回ることになりますわな。

その時が『オワタ』事になると思いますよ。

あぁ~想像したくない。

中国国民の銀行取り付け騒ぎ。

« 中国金融異変アリ | トップページ | 日本国に不要な人間 »

金融危機」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/57667667

この記事へのトラックバック一覧です: 落ち着くか?中国金融:

» 【NHK】 「中国の上海株式市場、値下がりが続くも下げ幅は比較的限られたものとなっています」 [【2chまとめ】ニュース速報+]
1 :有明省吾 ◆BAKA1DJoEI @有明省吾ρ ★:2013/06/26(水) 14:40:00.17 ID:???0 ?PLT(12069) ★上海株式市場 値下がり続くも限定的金融機関の資金確保への懸念を背景に株価の下落が続いている中国の上海株式市...... [続きを読む]

« 中国金融異変アリ | トップページ | 日本国に不要な人間 »